ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベビーカーごと入店できる美容院。着いた途端グズリだす8か月の娘にヒヤヒヤ…

f:id:akasuguope01:20180221095412j:plain

毛量が多くて、硬くて、太くて、おまけにくせ毛という四重苦を背負った私の髪の毛。普段はショートスタイルが好きなのですが、出産前後は結べる方が楽なので、妊娠発覚時から伸ばし続けていました。

「臨月に入る前に一度行っておこう」と思い、初めて行った美容院で、産後はしばらく来られない旨を伝えスタイリングをしてもらいました。

スタイリストさんは、2人の男の子のママさんで、妊娠・出産トークで話が弾みました。個人経営の小ぢんまりしたサロンだったので、もしかして赤ちゃん連れOKかな、と思い聞いてみると、あっさりNG。かつて、カットの最中に赤ちゃんが泣きだしてしまい、途中で帰られたお客様がいたそうで、それ以来お断りしているそう。「是非、出産後、旦那様に赤ちゃん預けていらしてくださいね!」と言われ、「はい、そうしますね」と言ってお店を出ました。

土日休みの主人に赤ちゃんを預けて美容院に行くことは実際できますし、第1子・第2子の時もそうしてきました。でも、主人の仕事は常に忙しく、土日はできればゆっくりしたいようなのです。

子どもは3人目といえど、ほとんどワンオペ育児をしてきたようなものなので、赤ちゃんのお世話に慣れていない主人に留守をお願いするのは気が引けてしまいます。きっと上の子達も、「ママどこ行くのー?」とブーブー言うでしょう。

「できれば、平日の昼間、主人は仕事、上の子達は小学校に行っている間に、赤ちゃん連れて美容院に行きたい!」

それが私の希望でした。 関連記事:出産前に美容院に行っておきたい!行くベストタイミングはいつ頃?

無事出産し、赤ちゃんも8ヶ月になった頃、髪はもう伸びきってボサボサに…。我慢に我慢を重ねていましたが、もう限界です。ネットで調べたり、ママ友から情報をもらったりして、赤ちゃん連れOKな美容院を何件か見つけ、その中から、授乳OKなケープを用意してある美容院に行ってみることにしました。

普段は抱っこ紐をして自転車で移動しているのですが、ベビーカーごと入店できる美容院、ということで自宅から歩いてベビーカーで向かいました。

美容院まで徒歩15分。乗せたらすぐに眠ってくれました。「このまま眠ってくれていれば、カットだけだし乗り切れるかも!」と思ったのですが、美容院についた途端に目を覚ましてしまう敏感な娘。

そして、いつもとは違う雰囲気に、さっそくグズりだしました。何となく予想通りの展開です。

担当のスタイリストさんが子どもに慣れているようで、いやな顔1つせず対応してくれるのですが、ブースを隔てた向こう側には他のお客様もいらっしゃいます。「ギャン泣きされたらどうしよう…」と、ドキドキです。おせんべいをあげたり、ボーロをあげたりしながら時間稼ぎをしましたが、ついに泣き始めてしまったので、授乳用のケープに変えてもらい、授乳しながらカットしてもらうことにしました。カットが終わり、シャンプーしてもらう頃には娘も落ち着いていて、ベビーカーに乗ったままシャンプーされる私を眺めていたようでした。全てが終わり、お会計に向かう時には、「髪を切ってさっぱりリフレッシュ!」というより、「大泣きさせずになんとか乗り切れたー!」という謎の達成感すらあったように思います。

普段なら、リラックスしてゆっくり時を過ごせる美容院。ひとり遊びができるようになっている幼児ならいざ知らず、乳児を連れて行くのはかなりハードルが高いものだとわかりました。

ですが、今回いろいろ調べてみて以前よりは子連れに対応してくれる美容院が増えてきているということがわかりました。 関連記事:伸び放題の髪の毛にうんざり。赤ちゃん託児ありの美容院は最高だった!

娘がもう少し大きくなって、DVDなどを見られるようになったら、もっとゆったりと子連れ美容タイムを楽しめるかなと思っています。

f:id:akasuguope01:20180221072008j:plain

著者:Nana.e

年齢:40歳

子どもの年齢:10歳、6歳、1歳1ヶ月

10歳の娘、6歳の息子、1歳の娘を育てる3児の母です。目下、久々の赤ちゃんのお世話に奮闘中。主人も私も実家が遠方なため、頼りになるママ友達に助けてもらいながら、何とか育児を頑張れています。子どもたちが寝付いた後に、録画しておいたバラエティーやドラマを観るのが日々の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

雑誌でみるオシャレママには程遠いけれど、気分があがる♪「親子の簡単オシャレコーデ」
夫いわく「センスが死んでる」…。子育て支援センターで話しかけたくなるママの服装って?by トキヒロ
使いやすさ抜群♪ 私の選ぶ、マザーズバッグ「パーフェクトリュック&トートバッグ」はこちら! by モチコ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy