ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忌野清志郎が描いた幻の絵本が初の単行本化 5月2日命日から都内で原画展開催

 2009年5月2日にこの世を去った、忌野清志郎が描いた幻の絵本「しゅりけんとうちゃん いがぐりしょうぶのまき」が、岩崎書店より2018年4月30日、ついに発売されます。価格は1300円(税別)です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 本作は、忌野清志郎が絵を担当し、寿金之輔が文を担当した作品。キング・オブ・ロックと呼ばれた忌野清志郎には、ミュージシャンとしての顔の他に、実は生涯に亘って「絵」を描き続けた画家という顔もありました。その500枚にのぼる作品の中で、本書は貴重な「子どものために描かれた絵本」。

 2002年「キンダーブック」(2002年11月号/フレーベル館)に掲載され、急遽「キンダーブック」が異例の重版を行うなど大反響を集めましたが、その後単行本化される事はなく、幻の絵本という存在になっていました。

 また、この発売を記念し原画展が開催されます。場所はブックハウスカフェ(東京都千代田区 神田神保町2 丁目5 北沢ビル1F)で、忌野清志郎の命日である5月2日にスタート、11日まで開催されます。

■しゅりけんとうちゃん いがぐりしょうぶのまき
寿 金之輔・ 作
忌野 清志郎・絵
ジャンル:児童書
対象年齢 :3歳から
出版年月日:2018/4/30
ISBN 978-4-265-80239-5
判型・ページ数 B4 変型判・12 ページ
定価 本体1,300 円+税

<内容>
まいにちはたらくとうちゃんは、とってもかっこいい。でもにちようびはとくべつこれまたかっこいいのです。
なぜなら……。にんじゃになるのです。

■原画展開催
【会 期】2018 年5 月2 日(水)~ 11 日(金)
【会 場】ブックハウスカフェ(東京・神保町)
東京都千代田区 神田神保町2 丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
【開店時間】11:00 ~ 23:00(土日祝 19:00 まで)

情報提供:岩崎書店

関連記事リンク(外部サイト)

可愛いは正義!グミの妖精石原さとみのじゅわわんな表情にメロメロ
逆輸入俳優・大谷亮平がはにかみ笑顔連発 ファンに「あ~ん」をプレゼント
「人妻殺し」と言われた鳳蘭 劣等生から伝説のスターへ輝く軌跡

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy