ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールの工場見学に行くと何杯タダ酒が飲める?

ビールの工場見学に行くと何杯タダ酒が飲める?

食品メーカーは、毎日のように工場見学を実施しています。そして、製品を知ってもらうには、とにもかくにも食べてもらうのが1番ということで、ほとんどの食品工場では試食やお土産が付きます。そこで、今回はビールの工場見学に参加。ビールの工場見学に行くと何杯タダ酒が飲めるのでしょうか。

ビールの工場見学で麦汁を飲み比べ

2016年に広報施設をリニューアルしたキリンビール横浜工場。「一番搾り」のこだわりを学ぶビール工場の見学ツアーに参加してみました。まずはビールの工場見学には“ここでしか味わえない”があること。ビールの原材料であるホップを手に取って匂いを嗅いだり、麦芽の試食や麦汁の飲み比べができます。

麦芽を砕いてもろみを作り、それをろ過したのが「麦汁」。一般的なビールは麦汁の一番搾りと二番搾りを混ぜていますが、キリンビールは一番搾り麦汁だけを使っています。

一番搾りと二番搾りの麦汁は驚くほど濃厚さが違い、一番搾りはみたらし団子のような甘さがあります。ジュースのような甘さです。「一番搾りすげー!」と、完全に心をわしづかみにされてしまいます。

ビール工場見学でVRゴーグル登場

ビール工場見学はプレゼンの方法も素晴らしく、巨大な仕込み釜を見学している最中、急に室内が真っ暗になったかと思えば、釜に映像が投影されてビールの仕込み工程をプロジェクションマッピングで見ることができます。来場者からも「おー!」と驚きの声が上がっていました。

パッケージングコーナーでは、なんと特製VRゴーグルが登場。キリンビールオリジナルパッケージのVRゴーグルが配られ、映像を視聴します。自分が缶ビールになったような視点で、箱詰めされる様子を疑似体験できるのです。

そして、極めつけは3種類の「一番搾り」の試飲。一番搾り生ビール・黒生・プレミアムを1杯ずつ飲み比べできます。おつまみはキリン工場限定の、チーズ味の「柿の種」。ノンアルコールビール「零ICHI」はお土産です。なお、キリンビール横浜工場の見学時間は10:00~17:20。見学ツアーは1日7回実施しています。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。