ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

キッチンガーデニングのキットはたくさん売られていますが、これの特別感には注目。

キッチンの表情を損なわないスタイリッシュなデザインで、“いかにも”な見た目の鉢はイヤ!という人にもってこい。まさに都会派!

ミニスコップから土まで
すべてが一箱に

パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

この「Urbanoasis」は、水で戻る乾燥土や種がセットになった簡易ガーデニングキット。キッチンに置いてもバルコニーに置いてもOKです。デザインもシンプルなので、デザイン重視のシステムキッチンにも違和感なくしっくりくるはず。

オールインワンだけど
付属パーツもいい感じ

パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

最大の特徴は、土や種だけでなく、育てるための道具がセットになっていること。

水やり用の小さなカップに、ミニサイズのスコップやフォークまで付属されています。見ているだけでワクワクしてきますよね。パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

簡易キットで栽培した経験がある人ならわかると思いますが、通常この手のキットってかなり小さくて、ある程度成長したら大きめの鉢に植え替える必要があったりします。それがなかなか面倒だったり。
けどUrbanoasisは、簡易キットには珍しく大きめのプランター。面倒な植え替えが不要で、きちんと食べられるサイズに育つまで、このポットひとつでOKなのです。

マニュアルは不要!
直感でスタート

パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

キットのフタは、育てるときにポットの受け皿にできる無駄のない設計。

フタや土、種、道具には番号が書かれており、マニュアルを見なくても簡単に種まきができるようになっています。

フタや道具の台に使われているのはリサイクルされたコルクなどの廃材。環境について考えるためのメッセージにもなっているのがニクい。パッケージ感がたまらない!スコップまでついた都会派菜園キット。

自分でライトにキッチンガーデニングを試したいという人にはおすすめ。プレゼントに贈っても喜ばれそうですよね。簡単に育てられるので、子どもの理科教材にもいいかも。

インダストリアルデザイナー(Andrea Mangoneさん)ならではの、環境への配慮が花マルなこのアイテム。今年の春こそ、家庭菜園に挑戦してみる?Licensed material used with permission by urbanoasis

関連記事リンク(外部サイト)

まるでインテリアのような、「壁掛け式の家庭菜園」って?
種まきや水やりなど、家庭菜園を全自動化する「FarmBot」。
野菜を育てるのも、食べるのも楽しくなる「スマートガーデン」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。