ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

勝手に明るさを調節してくれる「コンタクトレンズ」

勝手に明るさを調節してくれる「コンタクトレンズ」

もはや当たり前になっているUVカットのコンタクトレンズ。パソコンやスマホを使う時間が長くなった僕たちのニーズに合わせた、ブルーライトをカットしてくれる製品も見かけるようになった。

Johnson & Johnsonが先日発表した「ACUVUE OASYS with Transitions」は、これらの2つの機能がありながら、サングラスのような働きもしてくれる。

より目に優しいコンタクトに

勝手に明るさを調節してくれる「コンタクトレンズ」

曇りの日でも紫外線が強いときがあるというのは、多くの人が知っているだろう。だけど、天気と同じように紫外線量を毎朝チェックしているかというと、そうでもない。

紫外線が目に悪影響なのは分かっているけど、毎日のように気をくばる余裕のない人にとって、「ACUVUE OASYS with Transitions」は大きな助けとなりそうだ。もちろん強い日差しに苦しんでいる人にとっても。

これは紫外線量に応じて色の濃さが変わるフォトクロミックレンズと同じ働きをしてくれる。調光レンズといえば、聞き慣れているかもしれない。つまり、目の負担が軽減されるということだ。

ただし、サングラスの代わりになるものではない。「明るさの調節はできるが、目全体とその周辺を覆っているわけではないから」と、Johnson & Johnsonは説明している。だとしても、少しでも目のケアをしてくれるのは、僕たちにとって嬉しいスペックだろう。

アメリカ食品医薬品局の認可も得て、遮光効果はしっかりと保証されているとのこと。「2WEEK」タイプで、2019年前半にアメリカで発売予定だ。Licensed material used with permission by Johnson & Johnson Inc

関連記事リンク(外部サイト)

ベッドに入る時に、明かりを調節してくれるライト
恋愛のアドバイスもしてくれる!未来の「コンタクトレンズ」
視界の明るさを自動で調節してくれる「スマートアイウェア」が登場!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy