ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生「愛を頑張って」MVでアッコがメンバーに愛のある喝

和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生「愛を頑張って」MVでアッコがメンバーに愛のある喝

 2018年5月23日にリリースとなる、和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生のデビューシングル『愛を頑張って』。本作のジャケットとアーティスト写真、タイトル曲のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/-NnP57mm6dQ)。

「愛を頑張って」MV

 和田アキ子デビュー50周年企画としてスタートしたこのコラボプロジェクト。「ユニット内での歳の差最大約半世紀」と話題を呼んでいるが、MVではBOYS AND MEN 研究生のメンバーたちが、架空のお寺「アッコ寺」を舞台に、失敗をしながらも、和田アキ子に愛のある喝を受けながら修行をこなし、頑張って成長していく姿が描かれている。また、ゴージャスな黄金カラーのシュチュエーションの中でのバックバンドを従えた歌唱シーン、ラッキィ池田による振り付けも前向きでハートフルな映像となっている。

 さらに、発売週の週末5月27日に、ラゾーナ川崎で開催されるリリースイベントに、和田アキ子がスペシャルゲストとして登場することも決定。デビュー50周年を迎えた芸能活動において、和田アキ子として初めてとなるショッピングモールでの歌唱イベントとなる。

◎BOYS AND MEN 研究生メンバー米谷恭輔-コメント
和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生という僕らにとってこの上ない夢のコラボレーションが実現しました!『愛を頑張って』は、ラッキィ池田さんに振り付けをして頂きとてもキャッチーな振りで子供から大人まで老若男女問わず楽しんで頂ける楽曲です。新生活が始まった方々や、スポーツ、勉強など全ての頑張っている人に向けての応援歌にもなっています。アッコさんとのMV撮影はすごく緊張しましたが、とても楽しい作品が出来ました! たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。5月27日にはラゾーナ川崎にてアッコさんと一緒に『愛を頑張って』を披露することも決定しました! 今僕らに出来る全力のステージで、皆さんに愛と元気を届けて行きます! 是非、遊びに来て下さい!

◎リリース情報
シングル『愛を頑張って』
2018/05/23 RELEASE
<TYPE-A(CD+DVD)>
TECI-413 / 1,667円(tax out.)
<TYPE-B(CD)>
TECI-414 / 1,204円(tax out.)
<TYPE-C(CD)>
TECI-415 / 1,000円(tax out.)
<TYPE-D(CD)>
TECI-416 / 1,000円(tax out.)

【CD(TYPE-A)】
01. 愛を頑張って 
02. 愛を頑張って -和田アキ子 Ver.-
03. 愛を頑張って-BOYS AND MEN 研究生Ver.-
04. 愛を頑張って -Instrumental-

【DVD(TYPE-A)】
01. 愛を頑張って(Music Video)
02. メイキング映像

【CD(TYPE-B)】
01. 愛を頑張って
02. アイノテヲ 
03. GYA WOW☆

【CD(TYPE-C)】
01.愛を頑張って
02.アイノテヲ

【CD(TYPE-D)】
01.愛を頑張って
02. GYA WOW☆

◎イベント情報
【BOYS AND MEN研究生 メジャーシングル発売決定!ミニライブ&特典会】
2018年5月27日(日)神奈川・ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
第1部 開演13:00
第2部 開演15:30
出演:BOYS AND MEN研究生(中原聡太・北川せつら・米谷恭輔・三隅一輝・松岡拳紀介・佐藤匠・高垣博之・古川流唯・高橋真佳把・吉田玲哉
※出演メンバーは予告なく変更になる場合がございます。
※第2部:スペシャルゲスト 和田アキ子
参加方法:観覧フリー(入場無料)
内容:ミニライブ&特典会

関連記事リンク(外部サイト)

和田アキ子 『WADASOUL COVERS ~ Award Songs Collection』インタビュー
マンウィズ企画の熊本復興イベント終演! BRAHMAN/ホルモン/KEYTALK/和田アキ子/WANIMA/片平里菜ら集結
和田アキ子「この歳になって英語のラップに挑戦するとは」グラミー受賞曲カバーALについて語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。