ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

18分フライトの折りたたみ式セルフィードローン「Zerotech Hesper」が登場

ポケットセルフィードローン「Dobby」でとても有名な Zerotech 社から Dobby よりも大型でフライト時間も長い新しいセルフィードローン「Hesper」が発表されました。
Hesper は折りたたみ式フォームファクターを採用しており、携帯性に優れた小型 GPS ドローンです。
カメラには 1 軸の機械式ジンバルが付き、イメージセンサーには ZenFone 3 等に搭載された Sony IMX214(1,300 万画素)を採用しています。
Hesper は 4K 撮影が可能です。
Hesper は機体重量 340g と Dobby よりも大きくて重たいドローンになりますが、バッテリー容量は 1,950mAh と大きく、メーカー発表 18 分のフライトが可能とされています。
Dobby の倍は飛ばせることになります。
Hesper は GPS と Glonass の GNSS システムに対応しており、RTH やフォロミー等のインテリジェントフライトが可能です。
また機体底部にはオプティカルフローセンサーと超音波センサーが備わっており、GPS や Glonass の電波が掴めない環境でも、低空なら安定して飛行します。
スペック的に Hesper は DJI Spark に対抗するような製品ですが、Hesper は折りたたみ式なので、期待している人も多いい「Spark の折りたたみ式バージョン」とも言えそうです。
電波の到達範囲は、スマートフォンの Wi-Fi だと 120m、Fly more コンボに含まれている送信機だと 800m です。
操縦可能範囲は DJI ドローンよりも狭いですが、セルフィーの撮影だけでなく、高硬度からの空撮にも活用できそうです。
Spark 対抗機と言っても、Hesper の価格は 5 ~ 7 万円と高めなので、価格的なアドバンテージはほとんどありません。
Source : Zerotech

■関連記事
Pixel 2の曲名検索機能「この曲なに?」が履歴の保存に対応か?
360パノラマ写真のSNS「Roundme」が3Dパノラマ写真のシェア機能を導入へ
DJI Go 4アプリがv4.2.12にアップデート、SparkのOTG接続が改善、Mavic Airではグループセルフィーの説明が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy