ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだまだ間に合う!ゴールデンウィークに満喫できるイベント盛りだくさん!

ゴールデンウィークにまだ予定の埋まってない方、「今からでも間に合うイベントないかしら?」と思っている方にご提案でございます。実は、ゴールデンウィークは、絵本界のゴールデンウィーク(黄金週間)でもあるのでございます。東京都内でも注目の絵本イベントが盛りだくさんな時期なのでございます。

そこで、このゴールデンウィークは、家族で、カップルで、友達同士で、おひとり様で、絵本イベントをはしごしてみるというのはいかがでございましょう。

まずは、こちら。

Twitterより @ueno2018

知る人ぞ知る絵本のビッグイベントでございます。絵本好きの方、絵本関係者で知らない人はいない年に1回のチョベリグーなイベントでございます。なにがスゴイのか…。上野恩賜公園中央噴水広場に絵本の出版社が一堂に会すのでございます。これだけの絵本出版社が集まるのは全国唯一ではないかと…。

その数、なんと約70社!各出版社のブースが広場に軒を連ねる光景は圧巻でございます。さらに、そこに並ぶ絵本・児童書の数は約5万冊!!通常の書店で、これだけの絵本の中から選べることは、まずないかと…。いや絶対にございません。お気に入りの一冊、いや10冊は見つかるはずでございます。

おっと!それだけでは、ございません!この会場に並んでいる絵本や児童書はすべて“特別価格”で買えるのでございます(ほぼ2割引き。もちろん中古ではございません)。さらに、こちらの会場では、お話会や読み聞かせ、人気作家様によるサイン会もございます。絵本を買う予定のある方は、是非、このイベントでお買い求めくださいませ。最後になりましたが、日程は5月3日から5日の3日間でございます。

そして、こちらは銀座でございます。全世界発行部数6,500万部を超える人気シリーズ「ウォーリーをさがせ!」の絵本原画が楽しめる「誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展」が松屋銀座にて開催中でございます。(4月18日~5月7日) ちなみに、絵本原画は日本初上陸でございます。

誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展 公式HPより(http://wally30.jp/#firstPage)

原画の他にも、作者のイギリス人イラストレーター、マーティン・ハンドフォード様がウォーリーの誕生する前に描かれたイラストや子どもの頃に描いたイラスト、さらに特別映像なども楽しめるとか。そして、なによりゴイスーなのは、ハンパない数の「ウォーリーをさがせ!」グッズでございます。会場には、コップのフチ子の「ウォーリーをさがせ!」版のガチャも用意されております。

ちなみに、そのお隣では、人気絵本雑誌「MOE」の創刊40周年イベント「MOE 40th Anniversary 5人展」も絶賛開催中でございます。(歩いて10秒。松屋銀座の8階で同時開催でございます。開催期間も同じでございます。)

こちらも、絵本ファンには、たまりまセブンなイベントでございます。なんと、島田ゆか様、酒井駒子様、ヒグチユウコ様、ヨシタケシンスケ様、なかやみわ様、人気の絵本作家5人が同時に楽しめるのですから…。「MOE」様ならではの超デラックスなイベントでございます。

さらに、オシャレスポットの二子玉川でも…。場所は、玉川高島屋ショッピングセンター。期間は4月27日〜5月6日でございます。

リサとガスパールと遊ぶゴールデンウィーク公式HPより(http://www.tamagawa-sc.com/feature/2018gw_lisagas/)

フランス生まれの絵本シリーズ「リサとガスパール」をテーマにした展覧会、「リサとガスパールと遊ぶゴールデンウィーク」でございます。こちらでは、約100点の貴重な原画をはじめ、作者ゆかりの品々の他、アニメーションの上映予定もございます。また、会場内ではバーチャルフォトスポットやワークショップ、スタンプラリーなど、親子で楽しめるコンテンツも充実しております。

ゴールデンウィーク、まだ予定が決まってない方、絵本イベントのはしご、絵本三昧な休日はいかがでしょうか…。

(文:N田N昌)東京ウォーカー 2018年5月号 (2018年04月20日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy