ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GWに美術館デビューはいかが?美術展に初めて子供を連れていくママにオススメの絵本とは…

GWに美術館デビューはいかが?美術展に初めて子供を連れていくママにオススメの絵本とは…

ゴールデンウィークの時期は、面白い美術展・展覧会がたくさん開催されております。そんな中、「うちの子も大きくなったので、そろそろ、美術館デビューさせてみようかな…」とお考えのママさんもいらっしゃるのでは…。

とはいえ、静かに鑑賞できるかな…飽きずにちゃんと見ていられるかな…公園デビュー同様、美術館デビューも慎重になってしまうものでございます。それでも、子供には早い時期から芸術の魅力、美術館の楽しさを体験させてあげたい、センスを磨いてもらいたい…と考えてしまうものでございます。

そこで今回は、お子様の美術館デビューで失敗しないための絵本をご紹介させて頂きます。びじゅつかんへいこう 大型本
Amazon.co.jpより

「びじゅつかんへいこう」(文:スーザン・ベルデ 絵:ピーター・レイノルズ訳:かがわ ちひろ)

アメリカで大ヒット、アマゾンの児童書分野でハリー・ポッターを抑え1位を記録した世界的ベストセラー絵本「ちいさなあなたへ」のピーター・レイノルズ様の絵本でございます。美術館ってそんな堅苦しく考える場所じゃないんだよ。心と体で感じればいいんだよ。そう思わせてくれる絵本でございます。

美術館デビューで悩んでいるママの背中をそっと押してくれる絵本でございます。是非、事前にお子様に読み聞かせしてあげてくださいませ。ママにも子どもにも役に立つ絵本でございます。美術館が楽しめること間違いナッシングでございます。

ちなみに、フランスの人気絵本「リサとガスパール」のリサの住所は、国立近代美術館などが入っているフランスを代表する文化施設「ポンピドゥー・センター」でございます。気になる方は是非、シリーズの「リサのおうち」を参照くださいませ。リサのおうち 単行本 – 2002/5/1
Amazon.co.jpより

「リサのおうち」(作:アン・グットマン 絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン訳:石津 ちひろ)

こちらは、休館日にリサがポンピドゥー・センターを探検するお話でございます。さらにちなみに、4月27日から5月6日の間、東京の玉川高島屋ショッピングセンターで、貴重な原画展示やアニメーションが楽しめる展覧会「リサとガスパールと遊ぶゴールデンウィーク」も開催!「リサとガスパール」ファンの方は、こちらも是非是非。

少し脱線してしまいましたが、このゴールデンウィーク、思い切って「美術館デビュー」されてみてはいかがでしょう…。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。