ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真の東京クラフトビール「TOKYO BLUES」第3弾は白ビール!

真の東京クラフトビール「TOKYO BLUES」

真の東京クラフトビール「TOKYO BLUES」に第3弾は白ビール!

今年で創業155年を迎える石川酒造株式会社(本社:東京都福生市)は、コンタツ株式会社)と共同開発をした、真の東京クラフトビール【TOKYO BLUES】の第3弾【TOKYO BLUES シングルホップウィート】を2018年5月11日(金)に発売します。

ドイツ伝統の白ビール、ヴァイツェンスタイルの味わいを東京の感性で仕上げた、東京の地と水にこだわりながら誕生させた、真の東京クラフトビールです。

TOKYO BLUES シングルホップウィート

■味わいの特徴

【ビアスタイルとシングルホップのこだわり】

ドイツ伝統の白ビール、ヴァイツェンスタイル。小麦麦芽由来のまろやかさがありながら、ホップはニュージーランド・ネルソン地方生まれのネルソンソーヴィンホップのみ100%使用し、白ワインを彷彿とさせる香りと“品の良い苦味”を実現。

【レイトホッピング製法が生み出す最高の香りバランス】

煮沸工程の終了間際にホップを大量投入する「レイトホッピング製法」を採用することで、ホップの特性をさらに引き立てました。

【東京の地下天然水を使用】

石川酒造は清酒[多満自慢](たまじまん)を醸す蔵。清酒造りにも使われる地下150mからの天然水を贅沢に使用しました。シングルホップ仕上げの1つの素材が持つ奥深さを東京の感性で表現したビールです。

 

■商品概要

商品名    : TOKYO BLUES シングルホップウィート

発売日    : 2018年5月11日(金)

 

小売価格   : 466円(税別)

ホームページ : http://www.tokyo-blues.jp/

【石川酒造について】

江戸のころより約400年の歴史をもつ石川家が清酒の製造をはじめたのは文久3年(1863年)に第13代目の石川彌八郎(和吉)が創業し現在に至る。清酒【多満自慢】は、“多摩の心をうたいつつ、多摩の自慢となるよう、多くの人たちの心を満たすことができたら”という願いをこめて命名された銘柄。

1998年には当代の18代目石川彌八郎がビール醸造を開始、“多摩の恵”“TOKYO BLUES”と地酒だけではなく東京のクラフトビールも手掛けている蔵元。

敷地内には直営のレストランがあり出来立てのクラフトビールや地酒が味わうことができる。蔵見学も毎日開催(要予約・無料)しており、年間10万人が酒蔵に訪れる“酒飲みのテーマパーク”としても楽しめる東京福生市の蔵元。

アクセス      :JR青梅線・西武拝島線 拝島駅より徒歩約20分

蔵見学(要予約・無料):申込先TEL:042-553-0100

           (土日祝日を除く10時~17時受付)

関連記事リンク(外部サイト)

セブンの和風パンに注目!:今週のコンビニパンランキング
【17銘柄も】クラフトビールが簡単に楽しめる!キリン「Tap Marché(タップ・マルシェ)」
セブンイレブンデザートランキング2018年3月!抹茶&ほうじ茶スイーツが大人気!
チョコレート人気ランキングBEST20!市販のコンビニチョコのおすすめ1位が決定!
美味しいものランキング2018年3月!ミスド&ミニオン&サーティワン♪

もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。