ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇多田ヒカルプロデュース・小袋成彬「人の反応は意識せず、“純度100%”のものを作った」

宇多田ヒカルプロデュース・小袋成彬「人の反応は意識せず、“純度100%”のものを作った」
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。4月23日(月)からの4日間は、シンガーソングライターの小袋成彬さんが登場しています。25日(水)はこの日リリースされたファースト・アルバム『分離派の夏』について訊きました。

■アルバムは「ついに」発売!

クリス:アルバムはしばらく前に完成していたそうですが。
小袋:今年の始めにはできていましたね。ですので色々な方にご挨拶しながら発売日までまわれてよかったです。
クリス:アルバムの仕立ても面白くて、最初モノローグというんですか、言葉の語りから始まって、芸術の話やどこか旅先にいるのかなという声も聞こえるんですけど、小袋さんじゃないですよね?
小袋:私じゃないですね。私の大事な友人ですね。

■「自分の中の奥底にあるものを見出さないと…」

“小袋成彬”が自分で前に出て自分のアルバムを作るとなったときに、何からイメージができていったのでしょうか?

小袋:目指すものがなくて、一回自分の中から湧き出たものを紡いでいく作業の中で、段々見えて来たという感じですね。ボヤっとした、言葉では言い難いですけど孤独感というんですか。社会に対する自分の位置づけというものを再確認しながら作っていったアルバムです。
クリス:「(ご自身が)音楽がどんなふうに市場に乗るかとか、受け入れられるかとか、芸術という数値で言いにくいものをどんなふうにしていくのか興味があった」ということで、今度はどっぷりと中に入ることになったんですか?
小袋:なりました。今までやってきた「どう売れるか」を考えた先に、自分の人生が豊かになるとは思えなかったんです。人が求めている楽曲とか、トレンドもそうですし、そういうものを求めていくこと自体が僕にとって意味のないこと、むしろもっと自分の中の奥底にあるものを見出さないと次のステージには進めないなと自覚したんですよね。
クリス:色々なアーティストの方と関わって、宇多田ヒカルさんもそうですし、そういう方たちとコラボレーションする中で「こういうのがきっと受けるな」とか掴んでるというか、勘がきくというか、そういう部分はありますよね? そのようなものがある中で、自分で主体性をもってやるときに、それは合致していくのかというのは、これからなのですかね……私たちの周りでも「やっぱりいいよね」「すごいね」とはなっているのですが……。
小袋:人の反応が見えやすい世の中なので、そういうものは僕は一切見ないように、意識せずに作っていくことが純度100%でいいものなのだろうなと信じて作ってきましたね。

「孤独」という言葉はすごくアルバムから感じる、とクリス。ファーストアルバムを作って今は「脱力」なのか、「出しきれてない、もっとある」なのか、どういう感じかという質問に、「将棋に近い」と小袋さん。

小袋:勝ち筋が見えたときに最も興奮して、収曲するタイミングではもう落ち着いてるんですよね。その感覚に似ていますね。マスタリング前が一番興奮して、今は何でしょうね……反省だったり、次の挑戦のアイディアだったり、そういうものに溢れています。

オンエアではデビュー・アルバム『分離派の夏』から「E. Primavesi」をオンエアしました。小袋さんの登場回最終日の26日(木)は、小袋さんに未来について訊きます。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy