ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GWに旅行予定の人、要注意!知らないうちに陥ってる症状とは…

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークです。今年は5月1日(火)と2日(水)に休みをとれば、9連休となります。この間、飛行機で海外に行く人も多いのではないでしょうか。

とはいえ「飛行機内で具合が悪くなった」という人もちらほら。そうです。長時間飛行機に乗る場合は健康面に十分気をつけないと、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。 

飛行機内の健康面トラブルの一つが脱水症状。渡航医学の専門家、大越裕文先生は「高度1万m以上を飛ぶ飛行機の中は、湿度が低く乾燥した脱水しやすい特殊な環境です」と警鐘を鳴らします。

ジャンボ機で約40人の水分バランスを確認したところ、およそ1時間で体重1kgあたり2mL、つまり体重50kgの人は1時間で100mLの水分が失われていることが分かりました。

さらに、大越先生によると「飲酒」と「トイレのガマン」も脱水症状の一因になるそう。機内の環境で飲酒による利尿作用が起こると、脱水リスクは高まります。

反対に、隣の席に人が寝ていたりするとトイレをガマンしてしまいがち。だからと言って水分を控えてしまうと、脱水の要因になってしまうのです。

海外旅行者1,000万人が下痢に。その水、大丈夫?

さて、もう一つ注意しなければならないのが「旅行者下痢症」です。これは海外旅行者に多くみられる症候群の一つ。

特に途上国への旅行による旅行者下痢症は、細菌が主な原因、次いでウイルス、寄生虫。研究者によると毎年、世界中で海外旅行者の20%〜50%、約1,000万人が下痢になっているそうです。

当然、下痢は脱水症状につながります。水分が必要になった時、そこに「安全な水」はあるでしょうか。「煮沸して飲む」、「露店で販売している水は避ける」など予防策はありますが、一番はあらかじめ信頼のできる店から買っておくか、ホテルの水を自分で持っていくことです。

また、大越先生が旅先の新習慣として提唱しているのが「経口補水液パウダー」。水分とともに塩分などの、必要な電解質が体に速やかに吸収されるようになっており、これを1、2袋、水とともに携帯しておくと安心です。

大塚製薬工場の経口補水液OS-1にもパウダータイプがあります。15g500mL用と30g1L用があり、旅行をしっかりサポート。かさばらないので、持ち運びもラクラク。おすすめです!TRANSIT(トランジット) 39号 (2018年03月16日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。