ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミーク・ミル、保釈が認められる

ミーク・ミル、保釈が認められる

 2017年11月に執行猶予違反の罪で実刑判決を受けて服役中だった米ラッパーのミーク・ミルの保釈が認められた。判決を言い渡した裁判官の私怨の可能性が指摘されていたこの問題は、ジェイ・Zを筆頭とする多くのラッパー仲間からも反発の声が広がっていた。

 ミーク・ミルは米ビルボードに対し、「神、家族、友人たち、弁護団、ジェイ・Zを含む<ロック・ネイション>のチーム、Desiree Perez、親友のマイケル・ルービン、ファンの皆さん、ペンシルベニア州最高裁判所、そしてこの困難な時に公に支持してくれた方々からの愛、支援、そして励ましに感謝する」との声明を発表した。

 彼はさらに、「この5か月間は悪夢のようだったが、(支援者からの)祈り、面会、電話、手紙、そして集会のおかげで前向きでいられた。自分だけでなく、警察の不正行為により不当に拘束された他の人々のためにも、フィラデルフィア地区検察局の正義へのこだわりに感謝している」と綴っている。

 そして、「この不公平な状況と戦う資源に自分は恵まれているが、全国の多くの有色人たちにはその余裕がないことも理解しており、自分の立場を使ってこれらの問題に光を当てたいと考えている。当面はこの不当な判決を覆すべく弁護団としっかり協力する。家族との再会と音楽の仕事を再開できることを楽しみしている」とコメントしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ジェイ・Z、ミーク・ミルの判決についてライブでも言及
ミーク・ミル、重すぎる懲役刑にヒップホップ界から反発 裁判官の私怨を指摘し控訴
ミーゴズ/ミーク・ミル/リル・ヨッティら参加、『スティル・ストライビング』エイサップ・ファーグ(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。