ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WEB番組『チップアンドダイス チャンネル』に、池羽悠&五味茉莉伽が登場!

ボードゲーム総合サイト「チップアンドダイス」から誕生したWEB番組『チップアンドダイス チャンネル』は、パーソナリティのチップ(CV:鬼頭明里)とダイス(CV:高柳知葉)が、ゲストと一緒にさまざまなボードゲームに挑戦していく。4月26日(水)の放送回には、メディアミックスコンテンツ「ライブレボルト」で平井かなを演じている池羽悠と宮代りな役を担当中の五味茉莉伽がゲストとして登場!
WEB番組『チップアンドダイス チャンネル』 (okmusic UP's)

オープニングでは、ゲスト出演する池羽悠と五味茉莉伽を招き入れてのトーク。互いに“初めまして”の挨拶から。チップアンドダイスチームもライブレボルトチームも、ほぼお揃いの衣装姿で、池羽と五味の衣装は、ライブレボルト内に派生したユニット“リサイタルズ”のもの。5月13日(日)には、TSUTAYA O-EASTで「ライブレボルト」のワンマンライブ『2nd LIVE LiveRevolt RE:VOLT』も行われるので、こちらも注目どころだ。
ボードゲームキャット&チョコレート 「学園編」をみんなでプレイ

4月18日(水)の放送回では、コザイクさん制作によるキャット&チョコレート「学園編」を紹介。このボードゲームは、学園で起こるアクシデントを回避することが目的。最初に引いた「アイテムカード」に記された“危機”。その危機を「危機カード」に記した内容をもとに、いかにトンチを効かせた答えを導き出すか。その答えを、他の参加者たちが「GOOD!!」か「BAD!!」かの判断を下すのが、このゲーム。

勝敗は、「GOOD!!」数を多く勝ち取ったチームの勝利。ただし、チーム分けは、危機ゲームを終えるまでわからない。つまり、チーム対抗と言いながらも、誰がチームメイトかわからないから、チーム内の駆け引きが出来ないことも、このゲームの面白さ。今回は、「校長派」と「生徒会派」に分かれての対戦という形で行った。

シャッフルの達人?!、高柳がカードを切ったところでゲームはスタート。最初に鬼頭が引いたアイテムカードに記されたのが、「夏休みが終わるのに宿題がまだ出来てない」という内容。それをどう回避してゆくのか、鬼頭が指定された枚数の危機カードの内容を組み合わせ、さっそく開始。今回は、1枚のみ危機カードを引いたところ、記された内容を見て、鬼頭は「試験管を用意して種を増やす実験をする」と回答。その答えを聞いて3人のジャッジは「BAD!!」。鬼頭は、残念ながら危機回避ならず…。

ゲームはそのような形でENDカードが出るまで続くが、番組では、2巡する形で勝敗を決める。本当なら全部の内容を教えたいところだが、そこは番組を見てのお楽しみに。ということで、ここでは3人の「GOOD!!」ジャッジを得た、五味茉莉伽さんの模様もお伝えする。

五味が引いたアイテムカードに記されたのが、「購買部がだいぶ込んでいる。このままでは飢え死にしそう」という危機的な内容。それを回避しようと、五味は2枚の回避カードを引き、そこへ記されていた内容をもとに「参考書を購買部の人込みの中へ投げ込み、“えっ、どうした??”となっているところで縦笛を吹き、みんなを引き寄せた瞬間に、ダッシュして購買部の一番前に並ぶ」という回答を導き出し、みごと3人から「GOOD!!」のサインが! 彼女がどんな危機カードを引いたのかも気になるところ。

他にも、「バイトの面接に受からない」の危機回避のため、なぜか柔道の話が飛び出したり。「喫煙の現場を抑えられた」ことから、消火器をまいて学校の危機を救ったりなど、いろんなトンチの効いた答えが出ていました。誰が、どんな風に機転を効かせた答えを言い、いくつGOOD!!を手にし、BAD!!の評価を受けたのかも、ぜひ注目して見てほしい。最期に運命のカードを引いて判明した「校長派」と「生徒会派」の組み合わせ。その組み合わせによって、どちらが勝者チームになったのか、そこもこの放送回の見どころ。気になる方は、さっそくチップアンドダイス チャンネルをチェック!
5月2日以降の放送回について

5月2日以降の放送回では、5月2日の放送回に登場した東京女子プロレス所属のレスラーのどかおねえさん&リングアナウンサーの愛野ユキに加えて、再び池羽悠&五味茉莉伽も加わった計4人がゲストで登場。なんて豪華な共演なんでしょう。

今回、紹介するゲームは、デイズ作の「ポコン!」。これはキツネとタヌキを模したオセロゲーム。ただし、盤を必要としてないように、普通のオセロゲームでないところがポイント。ゲームは、高柳の説明からスタート。その説明を聴いて、「なるほど!!」と納得する5人。「ポコン!」をプレイするうえでのキーワードは、「めくれる」「めくれない」。いかにカードをめくるかが、このゲームのポイント。ゲストの4人も、フムフムと頷きながら、真剣な表情で耳を傾けていた。

放送では「チップアンドダイス杯争奪戦!ポコン竜王決定戦」と題し、一組3分バトルをトーナメント形式で開催。気になる戦いの組み合わせは、第一試合が鬼頭と池羽。第二試合が高柳とのどかおねえさん。シード権利を得たのが、五味と愛野。シード権を得た2人のうちの勝者が、第一試合と第二試合の勝者と対決してゆく形で進行した。

鬼頭と池羽の試合は、池羽先行でスタート。ちょっと不安げながらも果敢に攻める池羽。対して、冷静に返してゆく鬼頭。常にテンションの高い池羽と、冷静さと興奮ふたつの表情を見せる高柳。危機に陥るたびに焦る池羽だが、果たしてその結果は…!?

第二試合では、高柳とのどかおねえさんが対決。先行は、のどかおねえさん。「竜王になりたい」と呟きながらのどかおねえさんが攻めれば、冷静に状況を分析してゆく高柳…。と言いたいところだが、「フムフム」と呟いていたように、意外と悩みつつカードを置いていた。愛野の「攻めろ、おねえさん」の声を受け、笑顔でせめるのどかおねえさん。でも、状況が不利になると思案顔を浮かべるところが、のどかおねえさんらしさかも。後半、自信を持って攻めるのどかおねえさんに、焦る高柳。その結果はいかに!

シード戦は、五味と愛野とのバトル。先行は五味から。明るく果敢にせめる五味と、ちょっとビクビクしながらも一手一手を繰り出す愛野。冷戦沈着な五味と、おどおどしながらも攻める愛野のコントラストも見どころだ。お互いに、一手ごとに一喜一憂。最後の一手のとき、急に私案した五味。繰り出したその手に対して、さらに新たな手を繰り出す愛野。その結果は…?

その後、誰がどんなリアクションや攻めの手法を繰り出しながら決勝へ勝ち進み、誰が竜王の座を手にしたのかは、番組をチェックしてほしい。二回目の竜王戦はあるのだろうか!?
PHOTO:岡田茉奈佳

TEXT:長澤智典
『チップアンドダイス チャンネル』番組メッセージ
番組へのメッセージは番組専用の<[email protected]

もしくは公式TwitterのDMまでよろしくお願いいたします。

■Twitterはこちら

https://twitter.com/chipanddice1

※ホームページの問い合わせフォームとは異なりますのでご注意ください。
『2nd LIVE LiveRevolt RE:VOLT』
5月13日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST

<出演者>

藤原あかね(CV:田口華有)/野田ここみ(CV:秋場悠里)

瀬戸マリン(CV:道井悠)/紫咲クリス(CV:あおきまお)

宮代りな(CV:五味茉莉伽)/平井かな(CV:池羽悠)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。