ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカに頼まれている「歌い方」とは?

きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカに頼まれている「歌い方」とは?
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。4月22日(日)のオンエアでは、きゃりーぱみゅぱみゅさんが登場し、レコーディングの様子を明かしました。

■『きみのみかた』のラップで意識したこと

まず、2018年第1弾デジタルシングル『きみのみかた』についてお話を伺いました。

きゃりー:近年、いろんなニュースを見聞きして、「当事者の話なのに第三者がいろいろしゃべったりするニュースが多かったな」と個人的に感じていて。そんな今の社会に物申しているような曲なんです。「自分の信じる道を進もう」みたいな。いろんなことを言われてるけど、あんまり左右に流されずにっていうような曲ですね。

『きみのみかた』はラップから始まります。このことについて、きゃりーさんは、「ついに私もラップを歌う時代が来たのか」と思ったと言います。ラップは初挑戦とのことですが、かっこつけながら歌うことを意識したと明かしました。

■レコーディングでは「淡々と歌ってくれ」と…

また、レコーディングでは、中田さんからある注文が入るようになったときゃりーさん。

きゃりー:普通に歌ってたら「もうちょっと淡々と歌ってくれ」とか「もうちょっと心がないように歌ってくれ」とか言われる。初期の頃はわかんないから「本当にあってるのかな」って恐る恐る歌ってて、それがそのまま使われてたので、あんまり「自信を持って歌う」っていうスタイルじゃないのかもしれないです。

中田さんは、きゃりーさんをスタジオに呼び、デモ音源を数分流したのち、すぐにレコーディングを始めるという収録スタイルをとっていると、きゃりーさんが明かしました。正解がわからないまま歌った音源が使われることが多く、そのことについて中田さんは「歌い方のクセを付けてほしくない」ときゃりーさんに話したそうです。

『きみのみかた』をはじめ、きゃりーさんの楽曲を聴く際は、こうしたレコーディングの風景を想像してみると、より楽しめるのではないでしょうか。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時−16時58分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。