ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田村芽実 ソロ名義初の配信リリース! 少女から大人の女性へと移りゆく瑞々しい歌声

田村芽実 ソロ名義初の配信リリース! 少女から大人の女性へと移りゆく瑞々しい歌声

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、アンジュルムの元メンバーで、現在はミュージカル界期待の新星として活躍する田村芽実が、2018年4月25日に配信シングル「ロマンス」をリリースした。

田村芽実 メイキング映像

 田村芽実は、幼少時からの目標、ミュージカル女優になるため、2016年5月30日に日本武道館公演をもってアンジュルムを卒業。1年後の2017年5月に、舞台【minako -太陽になった歌姫-】の本田美奈子役で主演に抜擢されると、その体当たりの熱演が評判を呼んだ。以来、着実な歩みを進めている彼女にとって、ソロ名義では初めての配信リリースとなる。

 少女から大人の女性へと移りゆく、瑞々しい歌声が記録されている「ロマンス」は、昨年11月に発売された『地球の男にあきたところよ~阿久悠リスペクト・アルバム』のために新たにレコーディングをしたもので、オリジナルは1975年、当時16歳の岩崎宏美が歌った不朽の名作(作曲は筒美京平)。CDリリースに併せて公開されたメイキング映像(https://youtu.be/bYoHHM0EQ8o)は再生数12万回を記録した。

 なお、5月12日には、アンジュルムを卒業後、初めてのワンマンライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催する。

◎田村芽実-コメント
「ロマンス」の歌詞には、強い女性でありながらも弱い部分が見え隠れする、
そんな女性の感情が表現されていて、とても魅力的だなと感じました。
歌を通して時代を変えようとされていた阿久悠さんの世界、そして、
平成版の「ロマンス」を感じていただけたらうれしいです。

◎リリース情報
配信シングル「ロマンス」
2018/4/25 RELEASE

◎ライブ情報
【田村芽実ワンマンライブ】
2018年5月12日(土)shibuya duo MUSIC EXCHANGE
第1部:OPEN 13:30 / START 14:00
第2部:OPEN 17:00 / START 17:30
チケット料金:6,500円(全席指定・tax in.)
※会場にて別途ドリンク代600円がかかります。

関連記事リンク(外部サイト)

田村芽実の歌はどの過去の自分も凌駕している―――ミュージカル界期待の新星がワンマン開催「私にしかできないことを沢山したい」
柏木由紀&渡辺麻友/田村芽実(元アンジュルム)ら13組参加『阿久悠リスペクト・アルバム』メイキング映像も
田村芽実(アンジュルムOG)×野沢トオル対談 vol.3「アンジュルムのみんなにも絶対に観てもらいたいです!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。