ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃん連れの新幹線。授乳する時にお世話になったのは「多目的室」

f:id:akasuguope01:20180225030450j:plain

結婚してから今までに夫の仕事の都合で、3回ほど引っ越しを経験しました。いずれも私の実家に行くには新幹線が必要な距離。そのため、これまで何回も子連れで新幹線を利用しています。 関連記事:双子の赤ちゃんを連れて新幹線移動。ぜひとも予約したい座席のポイントとは?

子どもの最年少乗車記録は生後1ヶ月。第二子の1ヶ月検診が終わったその足で、実家へ帰省しました。しかしその時は、生後1ヶ月ということもあり、ほとんど寝ている第二子より、イヤイヤ期真っ盛りかつちょっとだけ赤ちゃん返りしていた第一子に手をやいた記憶があります。

とはいえ、もう2歳だったので、ぐずる上の子にはお菓子や絵本、おもちゃでなだめながら乗り切りました。

また、もし下の子が泣いても授乳で乗り切る自信がありました。それは上の子のときのある苦い経験を活かすことができたからです。

私が赤ちゃん連れで新幹線デビューしたのは、上の子が生後3ヶ月の頃でした。もともと頻繁に授乳をしていた子でしたが、生後3ヶ月の頃は1~2時間ごとに授乳という状態…。そのため、片道5時間近くかかる帰省にはかなり不安を覚えていました。

そしてやはり不安は的中。新幹線に乗るまでの在来線では移動も多かったので、静かに寝ていた子どもでしたが、乗車後、1時間ほどで目を覚ましてしまい泣き始めました。

当時はまだまだ私も新米母、赤ちゃんが泣くだけで焦ります。さらに泣き声は大きくなり焦りは増すばかりです。一瞬「ここで授乳ケープを使って授乳してしまおうかな」なんて考えが頭をよぎります。

新米母とはいえ、母となり、心身ともに大きくなっていた私。「これは緊急事態だ! きっとここで授乳してもみんな許してくれるはず」と思いながらも、やはり「いやいや!やっぱりちょっと抵抗ある。ここで授乳はダメだ!」と思い直したのです。

抱っこであやすしかありません。せっかく指定席をとっていたのですが、デッキの方に移動し、抱っこでゆらゆらしていました。しかし、泣き止まない…。これまでも外出先で泣き出してしまうことはありましたが、授乳室を見つけすぐに飛び込んでいました。そのため、こんなに泣かせたこともなく、私までも一緒に泣きそうになるほどでした。

そんな私たちをみて、車内販売の方が「授乳用のお部屋にご案内しましょうか?」と声を掛けてくれたのです!新幹線に授乳室はないのですが、多目的室という個室があるということを教えてもらいました。二つ返事で多目的室に連れて行ってもらい、無事授乳ができました。 関連記事:生後半年の赤ちゃんとはじめての飛行機体験。1時間半がとても長く感じました

その後も何度も赤ちゃん連れで新幹線に乗っていますが、毎回のように多目的室にお世話になっています。とはいえ、多目的室は授乳だけではなく、さまざまな理由で使用を希望する人がいます。あまり長時間の滞在にならないように気をつけながら使っていました。

f:id:akasuguope01:20180225030518j:plain

著者:ゆめさい

年齢:34歳

子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりまわしている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

授乳中の赤ちゃんを連れて結婚式に出席。私なりの必勝ルール
生まれたばかりの我が子が愛おしすぎて自分を見失っていた私。救ってくれた恩師の「行動」
はじめての経験づくし!1歳の赤ちゃんでも楽しめた水族館へのお出かけ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy