ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫になりたい願望を叶える「人間用ペットハウス」まさかの登場

猫になりたい願望を叶える「人間用ペットハウス」まさかの登場

 のーんびりくつろぐ猫ぐらしに憧れて「猫になってみたい」なんて思ったことはありますか? 猫になった気分でくつろぐための「人間用ペットハウス」がビーズ株式会社より4月24日発売されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「人の欲望に忠実に」という開発ポリシーを掲げる同社のブランドBIBI LABでは、これまでセーラー服型ルームウェア「セラコレ」や人型部屋着「着る毛布 冬のダメ着」などを展開。そこで近年の猫ブームをうけ「猫になりたい」願望に着目。実際アンケートをとってみたところ、「猫になりたい」と思った経験のある人が77.5%を占めたそうです。

 猫からしてみたら「おいおい猫も結構大変なんだぜ?」なーんて言われてしまいそうですが、発売された「人間用ペットハウス」は猫になりたい願望を叶えるべく猫用の約6倍の大きさで人間用を企画。

 ペット用グッズを生産する工場の協力を得て、猫用ペットハウスの仕様を取り入れつつ人間用にリサイズしたそうです。猫の好む適度な狭さを人も体感できる大きさを追求、サイズは縦80×横80×高さ65 cmで設計されています。

 フローリングの床に設置してもずれにくいよう、底面には滑り止めが施されています。使用しない時にはコンパクトにたたんでおくことが可能。猫があまえた時の「ふみふみ」行動も楽しめるよう、製品には柔らかなボア生地のクッションが標準付属しています。価格はオープン価格(税別参考価格11700円)。猫ぐらしに憧れる人にとっては高いか安いか?どちらなのでしょうね。

情報提供・ビーズ株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

PC用4Kモニター日本初の「DisplayHDR 1000モデル」が5月に発売 市川紗椰を起用したWEB限定CM公開
チューブ入りのワサビみたいな蛍光マーカー登場 味見したくなる?
関刃物職人による名刀ペーパーナイフに「新選組モデル」登場

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy