ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

「はっちゃんショップ」にはまいにちたくさんのひとがきます。けんがいからはもちろん、うわさをききつけてかいがいからやってくるひとも。じっさいにおじゃましたときもけんがいからのおきゃくさんがいらっしゃったのですが、2どしゅざいにいってきづいたことがあります。それは、2どとも、てんないにははっちゃんをちゅうしんとしたふしぎないったいかんがうまれていたということ。しゅっしんち、ねんれいかんけいなくそのばにいるぜんいんがおなじわだいにさんかするようなばめんがなんどかありました。まとまりかんとしては、おみせをでるひとが「またきます。みなさんもまたあいましょう」といってさっていくくらいには。

「はっちゃんショップ」でどんなたのしさがまちうけているのかなんて、ほんとうにそのときになってみないとわかりません。ひによってでてくるごはんだってちがうし、ふんいきだってぜんぜんちがうとおもうんです。そういったいみでも、なにもがいねんをもたずにとびこんでみたほうがぜったいおもしろいとおもいます。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

いまがいちばんたのしいよ。
まいにちたくさんのひとがきてくれてしあわせだよ。

わらってそういったはっちゃんは、おもしろくてちょっとクレイジーで、とてもやさしさにあふれたおばあちゃんでした。

●あとがき
はっちゃんは、記事について「好きに書いてくれたらいいよ」と言いました。「インターネットのことはわからないし、漢字読めないし」と。でも「最近はインターネットを見て来てくれる人が増えた」とも言っていました。もし、これを見て「はっちゃんショップ」に行ってくれた方がいたら、「インターネットでこんな記事を見つけました」と伝えてもらえるとうれしいです。

※以下、再掲

終始笑いが止まらなかった1度目のはっちゃんお客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」 最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行きました。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

入り口はこんな感じ。結構入るのに勇気がいりません?なんか、ちょっとシュールな感じ。

システムはいたってシンプルで、料金500円の先払い制。あとははっちゃん手作りのごはんを好きなだけ食べていいんです。メニューは日替わりで毎日15種類ほど。煮卵が人気なんだそうです。あ、ちなみにお金は多く払っても少なく払ってもはっちゃんに原付バイクで追いかけられます。500円キッカリがポイントです。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

で、懐かしい感じのごはんがとってもおいしいんですけど、正直食べるのにぜんぜん集中できませんでした。
何でかって……?
1度目の訪問は、もう店じまいが始まった頃でした。その時いたお客さんは、常連さんのご近所マダムが3人ほど。そのマダム達とはっちゃんの何気ないやりとりが、もうおもしろいことおもしろいこと。話題は尽きることがありません。ご近所ゴシップから下ネタまで延々。そして、突然話がふってくるから油断はできません(笑)
でも冗談抜きで、ずーーっと聞いていられる感じ。上州弁で喋るはっちゃんのキャラもいい感じなんですけど、このおもしろさはまさに総力戦!伝えるのがとっても難しいんですが、ひとつ言えるのは、その辺のバラエティ番組よりずっとずっとおもしろいということ。

そんなこんなで1時間。4人で行ったのですが、帰りの車ではみんながみんな「ヤバい……」としか発せないくらいには言葉を失っていました。そのくらい、衝撃的なおもしろさだったってこと。


はっちゃんアゲイン。感動物語を聞いた2度目の訪問
お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

2度目の訪問は少しゆっくりお話を聞きたくて、事前にお電話して行きました(この日も、愉快なご近所マダム達に会えました)。ここで知ったのは、はっちゃんは幼い頃からとても苦労をしてきたということ。そして、その経験が今にたくさん生きているということ。

はっちゃんがお店を開いたのは62歳の時でした。
家計を助けるために10歳から働きに出たはっちゃんは、学校に行けず、子守、魚屋さん、機織りなど、たくさんの仕事を経験しました。毎日必死で、頑張りすぎてトイレで眠ってしまったこともあったんだとか。

必死に毎日を過ごしていくなかで、ずっと心の中であたため続けていた想いがありました。

それは“修学旅行”に行きたいということ。

子育てがひと段落した57歳の時、はっちゃんは日本一周を決意します。しかも原付バイクで。

お店の壁の至るところに、当時の楽しそうな(そして時々ふざけてはしゃいでいる)写真がズラリ。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

壁一面に貼られた写真や今でも大切にとってあるスタンプ帳を見ると、はっちゃんがどれだけ大事に“修学旅行”をしてきたかを感じとることができたような気がします。きっと、ずっと抱いていた、楽しい“修学旅行”の夢は叶ったのではないでしょうか。


今が一番幸せだ。

これはちょっと有名な話なんですが、「はっちゃんショップ」は、お客さんが来れば来るほど赤字なんだそう。足りない分は年金で補填している、と笑いながら教えてくれました。でも、それでもお店を開け続ける理由は、昔、全国のみなさんに優しくしてもらったから。これはまさに“修学旅行”の時のこと。優しく声をかけてもらったり、時には泊めてもらったり。この時の恩返しのつもりでやっているんだそうです。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

「はっちゃんショップ」には毎日たくさんの人が来ます。県外からはもちろん、噂を聞きつけて海外からやってくる人も。実際にお邪魔した時も県外からのお客さんがいらっしゃったのですが、2度取材に行って気づいたことがあります。それは、2度とも、店内にははっちゃんを中心とした不思議な一体感が生まれていたということ。出身地、年齢関係なくその場にいる全員が同じ話題に参加するような場面が何度かありました。まとまり感としては、お店を出る人が「また来ます。みなさんもまた会いましょう」と言って去って行くくらいには。

「はっちゃんショップ」でどんな楽しさが待ち受けているのかなんて、本当にその時になってみないとわかりません。日によって出てくるごはんだって違うし、雰囲気だって全然違うと思うんです。そういった意味でも、何も概念を持たずに飛び込んでみたほうが絶対おもしろいと思います。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

今が一番楽しいよ。
毎日たくさんの人が来てくれて幸せだよ。

笑ってそう言ったはっちゃんは、おもしろくてちょっとクレイジーで、とても優しさに溢れたおばあちゃんでした。

 

500円食べ放題バイキング
50ccバイクで日本一周、上州おばさん おふくろの味
「はっちゃんショップ」
住所:群馬県桐生市相生町2町目1024-3
TEL:0277-52-8346
定休日:日曜日、祭日
営業時間:11:30〜ごはんがなくなり次第終了
駐車場:お店の前、ご近所と提携あり
※人がいっぱいの時は相席を

Photo by JAPAN LOCAL取材協力:群馬県

関連記事リンク(外部サイト)

群馬に行ったら、絶対に「すき焼き」なワケ
緑いっぱいの公園に佇むカフェ。岐阜「KAKAMIGAHARA STAND」
温泉天国「群馬」の名湯8つ

前のページ 1 2
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy