ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真っ赤な自転車のシェアリングが増えている理由

真っ赤な自転車のシェアリングが増えている理由

東京都内で、真っ赤な電動アシスト自転車をよく見かけるようになりました。これは「自転車シェアリング」のスマホを使った無人方式のレンタル自転車です。自動車シェアリングの最大のポイントは乗り捨てできること。月額2,000円を払えば、30分以内の利用なら何度でも利用できるようになります。

自転車シェアリングのエリアは9区

2014年10月のスタート時の自転車シェアリングは東京都千代田区の「ちよくる」だけでした。それが、現在は中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・大田区・渋谷区とエリアは9区にまで広がっています。

自転車シェアリングは9区すべてのポート(専用駐輪場)で貸出・返却することが可能。2018年3月末時点で自転車5,090台、447か所のポートが利用できます。移動範囲は9区内に限らないので、「ポケモンGO」の聖地、上野公園(台東区)やJR錦糸町駅(墨田区)を回ることも可能です。

最大の特徴は、9区内にあるポートに乗り捨てができること。千代田区で借りた自転車を江東区で返却してもOKなので、片道利用ができます。例えば、秋葉原から約9km離れているコミケ開催中の東京ビッグサイトへ、始発電車より早く着くために利用。電動自転車なので、45分(1回会員の料金は250円)もあれば到着します。

自転車シェアリング利用者増の理由

気になる自転車シェアリングの料金プランは、1回会員が30分150円。以降は30分ごとに100円かかる設定です。1日パスも用意されていて、1日1,500円で購入した当日の23時59分まで利用できます。

自転車シェアリングが利用者を増やしている理由は、2,000円の月額会員の使い勝手のよさでしょう。月に何度利用しても、30分以内は無料で利用可能です。なお、1回の利用が30分を超えると30分ごとに100円かかります。

最初の30分が無料で使える月額会員なら、ポートからポートへ乗り継げば延長料金なしで乗り続けられるということです。しかも自転車シェアリングは電動なので、移動も楽チン。自転車シェアリングは通勤・通学以外にも便利に使えるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy