ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行に行きたくなる!エンターテイメントの宝庫・カリフォルニアおすすめスポット!

現在、大谷君フィーバーに沸くカリフォルニア州。そこは、ビバリーヒルズやハリウッド、チャイニーズシアターなどなど、見どころ満載の人気観光地としても知られていますよね。そんな、今話題のスポット、カリフォルニアのロサンゼルス、アナハイムへ私、先日行って参りました!

初めてのカリフォルニア。初めてのアメリカ。出発前は不安と緊張でいっぱいだったのですが、行ってみたら、「芸術的!」「こんなエンターテイメント溢れる街はない!」と感銘を受けて帰国。

ということで、今回はカリフォルニア州 ロサンゼルス、アナハイムのお勧め旅行情報をシェアしたいと思います。

日本人作家作品も!LACMA(ラクマ)ミュージアム

まずご紹介したいのが「Los Angeles County Museum of Art」、通称LACMA(ラクマ)ミュージアム。西海岸最大と言われる美術館です。

出典:LACMAミュージアム公式HPより http://www.lacma.org/

「ピカソ」や、キャンベルスープ缶の絵で有名な「アンディ・ウォーフォール」と言った世界的に有名なアーティストの作品が並びます。中には、日本人作家・草間彌生さんの作品も展示されていました。アートに詳しくない私でも知っている超有名な作家の作品を堪能できます。

ラクマは、建物全体がアーティスティック。展示室に置かれている椅子を見て、「これも、アート?」と友人と声をひそめて話していると、係員の方が近づいてきて、「これは、好きな時に座っていいんですよ」と、話しかけてくれました。

休憩用の椅子をアートと勘違いし、愛でてしまった私たち。LACMAの係員を前に、はにかむことしかできませんでした。

また、美術館に入ると係員から、リュックを前に持って見学するように言われます。作品にうっかりリュックをぶつけて傷つけないためなんだとか。皆さんも見学の際にはお気を付け下さい。

大道芸パフォーマンスも本格的!

SCUDERIA(スクーデリア) 2012-06-30 発売号
Fujisan.co.jpより

セレブの手形を見学できる人気観光地「チャイニーズシアター」付近では、多くの大道芸を見学できます。ダンスやアートを披露している人がいて、クオリティの高いパフォーマンスが楽しめます。

しかし、ここで注意して頂きたいのは、セレブや映画キャラクターのコスチュームを着た大道芸人もいて、一緒に写真を撮ると「マネーマネー」とお金を請求されるので、遠くから見るだけにしておくことをお勧めします。

ディズニーパークのショーは大人も感動!

カリフォルニア州アナハイムには、「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク」と「ディズニーランド・パーク」という2つのディズニーテーマパークがあります。私は今回時間の都合で「アドベンチャー・パーク」しか行くことはできなかったのですが、とにかくショーが素晴らしかった!中でも「アナ雪」の本格的なミュージカルショーは、絶対に見るべきだと思います。

また、夢の旅の締めくくりに、「ワールド・オブ・カラー」も必見。幻想的な水上ショーはディズニーの世界を楽しめる素晴らしいショーでした。

出典:https://disneyparks.disney.go.com/jp/disneyland/entertainment/world-of-color/

いかがでしたでしょうか。エンターテイメント派にお勧めのロサンゼルス、アナハイム。

今度の旅の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 Cal(キャル) #21 (2018年03月30日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy