ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【鳥取・島根】地元民おすすめ!絶品グルメ18選。ご当地ラーメンや名物海鮮ランチも

すみれ飲食店

鳥取・島根のケンミンが愛してやまないご当地グルメを18選紹介します。

日本海の新鮮な海の幸がたっぷりのった海鮮丼や、ご当地ラーメンはもちろん、古くから愛されている郷土料理に、1日最高2800個も売り上げたコロッケなど盛りだくさん。ここでしか食べられない美味しいグルメの数々に、山陰に行って食べたくなること間違いなし!魅力的なラインナップの「山陰メシ」をぜひお試しください♪

記事配信:じゃらんニュース

1. 旬魚 たつみ【鳥取県岩美町】

地元消費の「幻のエビ」を4種類の調理で食べ比べ!

旬魚 たつみ人気の御膳なので開店直後を狙おう

もさえび御膳 1800円

※5月下旬まで、1日10食限定

県外からのリピーターも多い和食店。旨みが強く、甘みが濃いモサエビを、生、焼き、揚げ、煮付けの4種で味わえる。特に造りはむっちりプリプリの食感!旬魚 たつみご飯や味噌汁、小鉢、茶碗蒸し、漬け物も付く旬魚 たつみ浦富海岸のすぐ近くに立つ

見つけた!山陰の海の幸

9~5月に漁獲される「モサエビ」。鮮度劣化が早いため、遠隔地への出荷が難しく地元でしか味わえない幻のエビ。 旬魚 たつみ

TEL/0857-72-8700

住所/岩美郡岩美町浦富2475-240

営業時間/11時30分~LO14時、17時~21時30分(LO21時)

定休日/火(祝日の場合は翌日)

アクセス/電車:JR岩美駅よりタクシーで5分

車:鳥取道鳥取ICより20分

駐車場/20台

「旬魚 たつみ」の詳細はこちら

2. すみれ飲食店【鳥取県琴浦町】

約12時間かけてできあがるコク旨な牛骨スープがキモ!

すみれ飲食店

ラーメン 570円

地元常連客に愛される牛骨スープのラーメン店。牛骨と根菜を弱火で約12時間ことこと煮込んだスープは、あっさりしながらも奥深いコクがたまらない!すみれ飲食店現在は三代目が店を切り盛りするすみれ飲食店1940年代に創業。自家製おでんもおすすめ!

見つけた!山陰のソウル麺

牛の畜産が盛んな鳥取ならではの麺「牛骨ラーメン」。「すみれ飲食店」では、牛骨スープと地元醤油をあわせる。 すみれ飲食店

TEL/0858-52-2817

住所/東伯郡琴浦町浦安189

営業時間/10時~15時(LO14時45分)

定休日/水(祝日の場合は営業)

アクセス/電車:JR浦安駅より徒歩7分

車:山陰道琴浦東ICより5分

駐車場/約15台

3. カフェレストラン スカット【鳥取県鳥取市】

レアなモサエビを洋風で生パスタとの相性抜群

カフェレストラン スカットサラダ付き。貴重なモサエビが6尾も入る

モサエビのホワイトクリーム 1290円

※1日10食限定

鳥取砂丘の隣に立つカフェの人気料理。モサエビを軽くソテーし、そこにクリームソースを入れて生パスタと和えたもの。エビの旨みがソースにもしっかり馴染む。カフェレストラン スカットモサエビのパスタは7~8年前にシェフが開発カフェレストラン スカット鳥取砂丘が眺められるレストラン

見つけた!山陰のソウル麺

地元でしか味わえない鳥取産の「モサエビ」。

エビの美味しい出汁が出るので、パスタの具材にもおすすめ! カフェレストラン スカット

TEL/0857-23-1346

住所/鳥取市福部町湯山2164-806

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。