ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の技術とデザインを採用!KLMが新しビジネスクラスシートを採用

航空機内装品メーカーJamco(ジャムコ、本社・東京)の新ビジネスクラスシート「Venture」がKLMオランダ航空のボーイングドリームライナー787-10機に採用されることになった。

Ventureは従来のシートより軽量で、構成するパーツを少なくしているのが特徴。なおかつ18.5インチのモニターが据えられるなど居住性と快適性も向上している。

・8機に搭載、来年登場

Jamco は昨年Ventureを発表し、採用するのはKLMが初めてとなる。ドリームライナー8機に搭載し、初号機は2019年にお目見えする見込みだ。

Ventureのシートは全席が通路に面している。フルフラット仕様で、各座席に18.5インチのモニターを設置するなど快適な空間を演出し、またホテル客室のような「Do not disturb(サービス不要)」ボタンもアームレストに設置される。

・軽量化で燃費向上も

運用する側にとっては、乗客への快適なシートの提供はもちろん、既存のシートに比べ軽量化されていること、一体成型により使用する部品が45%少なくなっていることもメリットだ。これにより、燃費や整備性の向上が図れる。

また、シートを斜めに配置するヘリンボーン配列により、限られたスペースを効率的に活用できるのも大きい。

日本の技術とデザインによるこの最新ビジネスクラスシート、他航空会社でも採用されることを期待したい。

KLMオランダ航空

Jamco

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。