ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォータースライダーを滑りながらVRを体験

ウォータースライダーを滑りながらVRを体験

防水のVRゴーグルをつけて、宇宙を飛び回ったり雪山を滑り降りたりできるウォータスライダーが登場した。設置されたのは、ドイツのウォーターパーク「Galaxy Erding」。

「VRゴーグルをつけただけでしょ」なんて思っていたら、予想を超えたテクノロジーが採用されている様子。

速度に合わせて
「体験」を最適化する

ウォータースライダーを滑りながらVRを体験ウォータースライダーを滑りながらVRを体験

一定の速度で一定の時間の躍動感を味わえるジェットコースターとは異なり、ウォータースライダーは、ユーザーの身長や体重、水の流れで滑る速度が変わってくる。

つまり、◯分◯秒のように時間で区切ったVR体験をプログラミングしてしまうと、どうしても誤差が生まれてしまう。

そこで、クリエイティブ開発を手がけたBallast社は、コースにいくつかの超音波センサーを取り付けることに。ユーザーが通過した速度を記録することで、ゴールまでの時間を人工知能が割り出し、一人ひとりに最適化したVR体験を楽しんでもらえるシステムをつくりあげた。

余談だが、同社の他のプロジェクトも人気が出そうな予感。Licensed material used with permission by Ballast

関連記事リンク(外部サイト)

観覧車とウォータースライダーが合体した、規格外のアトラクション。
今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
VRの仮想空間で「触覚」も感じられるようになる?(ドイツ研究)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。