ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

古都の魅力を存分に味わえる京都は女子旅の定番。

寺社巡りやレトログルメを満喫したら、宿泊先はモダンで過ごしやすい最新ホテルをチョイス、という方も多いのでは?

4月27日(金)にオープンする「RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS-(ラクロ キョウト ザ シェア ホテルズ)」は、最近人気のリノベーションホテル。

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

京都丸太町に「RAKURO 京都」がオープン!

場所は京都御所や二条城にほど近い、京都市営地下鉄「丸太町」駅から徒歩2分という絶好のロケーションで、ホテルに併設された「御所南サイクルターミナル」で自転車をレンタルして、京都の町を気ままに散策することもできます♪

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

シェアスペースは宿泊客以外も利用可能☆

「洛と人をむすぶ路」をコンセプトとする同ホテルには、宿泊客以外に地域住民も利用可能なライブラリー&ラウンジ、シェアキッチン、ルーフトップテラスの3つのシェアスペースを設置。

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

ここで地域の人々と触れ合うことで、ローカルな京都の発見や新たな出会いも期待できそうです♪

客室タイプは全6種類

2~4名用の客室は全部で56室あり、標準的なツイン・ダブルのほか、畳のあるジャパニーズスタイルのお部屋や小上がりの畳エリアのある部屋など、どの部屋もシンプル&モダンな雰囲気となっています。

京都ステイの新たな選択肢。1人1泊7000円から泊まれる「RAKURO 京都」がオープン

宿泊料金は客室タイプによって異なりますが、いちばんリーズナブルな2名用のお部屋の場合、1室1万4000円(1名7000円)で泊まれるそう。

京都ステイの新たな宿泊先候補として、ここはブックマークをおすすめします♡

RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS-公式サイト

https://www.thesharehotels.com/rakuro/

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。