ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高速度120km/hの高性能GPSドローン「JYU Hornet 2」がお手頃価格で販売中

最高速度 120km/h も出せる強力なブラシレスモーターを備えたレース志向の GPS ドローン「JYU Hornet 2」が海外の通販サイト等で手頃な価格で販売されています。
JYU Hornet 2 は、同じ最高速度を出せる「JYU Hornet S」の後継モデルで、新型では内部構造が刷新されたことにより、バッテリー容量が 3,600mAh へと大幅に増え、フライト時間が 22 ~ 28 分にまで延びた他、リストストラップ式の GPS バンドが用意され、人を追尾するフォローミーモードも利用できるようになりました。
JYU Hornet 2 の特徴はモジュラーデザインを採用している点で、これによりカメラを 3 種類の中から選択し、ランディングギアを着脱することができるようになっています。
C3 FPV カメラ(1080p)のみを付けた形態が FPV モード、C5(1080p)または C6(4K @ 25fps)カメラとランディングギアを付けた形態が Aerial モードになります。
JYU Hornet 2 にはこのようなモード別のパッケージも用意されており、安ければ約 28,000 円で手に入ります。
最高級の 4K バージョンでも価格は約 55,000 円と DJI ドローンに比べればお手頃です。
JYU Hornet 2 には合計で 4 つのパッケージが用意されており、最安のスタンダードパッケージは C3 FPV カメラのみ付属し、FPV ディスプレイパッケージには C3 FPV カメラと 4.3 インチの FPV モニターが付属します。
1080p パッケージと 4K パッケージには 3 軸ジンバル式の空撮用カメラとランディングギアが付属します。
別の特徴に丁度よいサイズ感も挙げられます。
バッテリー込みの機体重量は約 800g で、これは DJI Mavic Pro よりもわずかに重たい程度です。
このクラスの高性能ドローンは滅多に出ないので貴重な一台だと言えます。
Source : Banggood

■関連記事
ROOX、組立方式により薄くて軽量なiPhoneケース「PhoneFoam Dual Skin」を発売
ASUS ZenFone 5 ZE620KLのボディチェック、他社スマホとのサイズ比較も
HOYAの暗所視支援メガネ MW10がいよいよ出荷開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy