ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

starRo、「HANG OVER feat. Sik-K、鋼田テフロン、ROMderful」 を5/2デジタルリリース決定!リリースに先行してMV公開

starRo、「HANG OVER feat. Sik-K、鋼田テフロン、ROMderful」 を5/2デジタルリリース決定!リリースに先行してMV公開
 2017年度グラミー賞ノミネートアーティスト“StarRo”が、客演に韓国HIPHOPシーン注目の“Sik-K(シックケー)”を迎え、3月14日にリリースした配信シングル「HANG OVER feat.KID FRESINO、銅田テフロン」のRemix曲を5月2日にデジタルリリースすると発表した。

 Sik-Kは、韓国HIPHOP/R&BシーンはもとよりLAシーンまでオンタイムで世界水準の楽曲を発信しているパク・ジェボムことJAY PARK(ジェイ・パーク)が主催するレーベル<H1GHR MUSIC RECORDS>所属のニュースター。LAのスタジオでstarRoとセッション中にオリジナルのトラックを聴いたSik-Kがトラックとフックに衝撃を受け、その後スピーディーにレコーディングしたバースを送り返してきた事から今回のRemixが実現した。
 
 楽曲はオリジナルと同じ「HANG OVER」がテーマとなっており、都会のクラブ遊びで良くある失敗談を乗り越えた上で、「結局そんな時間が掛け替えない」という真にある大切さを歌ったポジティブなクラブアンセムとなっている。

 フックはオリジナルと同じく“鋼田テフロン”が担当し、StarRoと同じSOULECTION所属のプロデューサー“ROMderful(ロンダフル)”がギターで参加している。日本語で歌われたフックとSik-Kの韓国語+英語の歌詞が相まった、現在のトレンドとなっている「人種の多様性」を発信した前衛的なナンバーとなっている。

 先行して公開されたミュージックビデオ(https://youtu.be/b04U6xgQP9w)は、東京・渋谷周辺を舞台に一人の男性が「HANG OVER」していく姿をアニメーションダンサー”GENDAI(ゲンダイ)”がドラマ仕立てで演じている。

◎リリース情報
配信シングル「HANG OVER feat. Sik-K、鋼田テフロン、ROMderful」
2018/05/02 RELEASE
TFDS-00456

関連記事リンク(外部サイト)

R+R=NOW、ロバート・グラスパー/テラス・マーティンらが“時代の音楽を創造する”革新的プロジェクトが待望のジャパン・ツアー開催
ブルーノ・マーズ、“ブルーノ”のニックネームの由来になったプロレスラーを悼む
カニエ・ウェスト、2018年6月にアルバムを2枚リリースすることを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy