ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』世代を超えて愛されるユーミンの名曲たち

【深ヨミ】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』世代を超えて愛されるユーミンの名曲たち

 4月23日付のBillboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で、松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』が、102,645枚を売り上げて首位を獲得した。

 今作は、2012年11月にリリースされた前作ベスト『日本の恋と、ユーミンと。』に続く二部作であり、前作には未収録だった45曲が収録されている。また、同日付の“Top Albums Sales”では、『日本の恋と、ユーミンと。』も7位に浮上する強さを見せている。

 今回は、SoundScanJapanより、『ユーミンからの、恋のうた。』と、『日本の恋と、ユーミンと。』の4月23日付の売上と、イーコマース/実店舗の売上割合を抽出。その差異を調査した。

『ユーミンからの、恋のうた。』
2018/4/11 RELEASE
売上枚数:102,645枚
EC:59%
STR:41%

『日本の恋と、ユーミンと。』
2012/11/20 RELEASE
売上枚数:7,485枚
EC:66%
STR:34%

※EC=イーコマース STR=実店舗売上

 2作品とも実店舗よりイーコマースが勝っており、どちらも似たような割合になっていることがわかる。このことから、通販サイト等で2作品セットで購入したユーザーが多く、そういったこともイーコマースの割合が増えたのではないかと考えられる。

 また、集大成的アルバム『日本の恋と、ユーミンと。』の大ヒットや、荒井由実時代の楽曲「ひこうき雲」が映画『風立ちぬ』の主題歌に起用されたこと、また本作のリリースに併せたメディア露出が前作より活発的に行われたことなどから、今までの購入層ではない層からも関心が集まり、本作のリリースを機に2作品とも手に入れたいと考えるユーザーが増えたことが推測できる。

 夏には自身初となる【ROCK IN JAPAN FESTIVAL】出演、9月には本作を引っ提げた全国アリーナツアーが開催されるなど、45周年を迎えてもなお最前線を走り続ける松任谷由実。彼女の作品が世代を超えて愛されるのは、そんな彼女の不屈の精神が曲の中に隠れているからなのかもしれない。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】松任谷由実ベスト『ユーミンからの、恋のうた。』が総合アルバム首位 来日話題のブルーノ・マーズは全作チャートイン
【ビルボード】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』10万枚超売り上げてアルバム・セールス首位 前作ベストも再注目
【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018】松任谷由実/Aimer/KANA-BOON/KEYTALK/きゃりーら出演18組発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy