ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは知ってる?東京新名所「鹿野大仏」訪れる前にチェックしたいうんちく&絵本

あなたは知ってる?東京新名所「鹿野大仏」訪れる前にチェックしたいうんちく&絵本

東京都内に鎌倉の大仏を超える、国内2位の大きさを誇る「鹿野大仏」がこの春デビューいたしました。(4月11日から一般公開)1位は奈良の大仏で15m、鎌倉の大仏が11.3m、そしてこの大仏が12mでございます。ちなみに耳の大きさは2mでございます。総工費は約4億円。この巨大な大仏を都内に建てた目的は…。

ドーン/ #日の出町 #鹿野大仏 pic.twitter.com/LDLYncoP5Z— おぞね (@ozone_aya) 2018年4月12日

宝光寺・八坂良秀住職は「大仏様をお迎えすることによって、西多摩全体が元気になっていただければいいかな」と語っておられます。また、鎌倉の大仏を超えたことについては、「たまたま鎌倉の大仏様より少し大きくなったというのが実情。申し訳ないことしちゃったなという思いは少しあります」と…。

しかし、これだけ巨大な大仏、どうやって作るのか…。山形県で鋳造された100以上の巨大パーツを東京に運んできて、昨年秋から組み立てたそうでございます。ただし、継ぎ目を発見するのは至難の業だとか…。双眼鏡を持参して匠の技をご堪能くださいませ。

さらにもうひとつ、チェックポイントが…

この「鹿野大仏」、イケメンを意識して作られております。住職によると、大仏の顔は、少し離れて正面から見る時と、真下から見上げる時で、見え方が違ってくるのだとか。そこで、3年前に関係者が集まり、10分の1サイズの大仏様のミニチュアを制作、その大仏をみんな寝転んで見上げ、表情の見え方を研究していたとか。是非、真下から拝んでもイケメンに見えるかどうか、チェックしてみてくださいませ。

さらにさらに、大仏見学に訪れた際に、家族や恋人に蘊蓄を披露したい方に是非お薦めしたいのが、こちらの絵本でございます。ならの大仏さま 大型本 
Amazon.co.jpより

「ならの大仏さま」(作・絵:加古 里子)

こちらは、俳優の高橋一生様がハマっている絵本作家、かこさとし様の科学絵本でございます。きっと高橋様も読まれているのではないかと…。科学絵本なのでストーリーはございません。奈良の大仏がどのようにできたのか、その制作過程や歴史を分かりやすく紹介しております。かこ様の絵本の特長ですが、非常に細かいところまで再現、解説しておられます。

とにかく情報量がゴイスーでございます。当時の世相、藤原家の仏教への帰依などについても解説されております。絵本と侮っていると、その濃厚な内容に驚くこと間違いナッシングでございます。むしろ、大人の方が楽しめる絵本でございます。

東京新名所「鹿野大仏」を訪れる際には是非、高橋一生様もハマっているかこさとし様の絵本「ならの大仏さま」の大仏蘊蓄を披露くださいませ。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。