ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

S・スピルバーグ監督が偉業を達成!総興行収入が100億ドルを超えた初めての映画監督に

S・スピルバーグ監督が偉業を達成!総興行収入が100億ドルを超えた初めての映画監督に

スティーブン・スピルバーグ監督は、また1つ偉業を達成した。総興行収入が100億ドル(約1兆728億円)を超えた初めての映画監督となった。

この偉業を後押ししたのが、最新映画『レディ・プレイヤー1』だ。同作品は、公開から3週間で全世界合計4億7,510万ドル(約509億円)の興行収入を叩き出したが、これにより100億ドルを突破したのだ。

スピルバーグ監督は長きにわたり、ハリウッドで最も興行的に成功している映画監督とされてきた。例えば、『ジョーズ』、『インディ・ジョーンズ』、『ジュラシック・パーク』など挙げるときりが無いほどだが、中でも、世界興行収入が最も高かったのが『ジュラシック・パーク』で9億3,880万ドル(約1,007億円)。続いて高かったのが『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』で7億8,660万ドル(約843億円)だ。

もちろん、大衆狙いの映画だけではなく、よりシリアスな映画も製作している。最近では、オスカー候補になった『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が挙げられる。

現在、スピルバーグ監督の次に総興行収入が多いのは、ピーター・ジャクソン監督で約65億ドル(約6,970億円)。マイケル・ベイ監督が64億5千万ドル(約6,916億円)、ジェームズ・キャメロン監督が61億ドル(約6,541億円)と続く。

スピルバーグ監督は、『インディ・ジョーンズ』の第5作目(2020年7月10日に全米公開予定)や『ウェストサイド物語』のリメイク版(2020年に全米公開予定)などの製作が控えている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ついに公開!スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー1』を観る前に知っておきたい3つの事
英ハリー王子とメーガン・マークルのハネムーン先が明らかに
ロバート・ダウニー・Jrについてあまり知られていない11のおかしな事実
スティーヴン・スピルバーグが映画『ブラックホーク』でDC作品に初挑戦!
ヴィン・ディーゼル、『トリプルX』第4弾を製作&引き続き出演!年末に撮影開始へ

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。