ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラウンのパトカー「顔つき」で危険度を見抜く

クラウンのパトカー「顔つき」で危険度を見抜く

白黒パトカーで圧倒的に多い車種がトヨタ・クラウン。そのクラウンの白黒パトカーは、交通取り締まり用とパトロール用に分かれます。これまでは赤色灯の下に白い箱があるかないかが外観における大きな違いでしたが、最新の210系クラウンの白黒パトカーは「顔つき」も大きく異なっているのでした。

パトカーは200系クラウンが主流

白黒パトカーは交通取り締まり用の「交通取締四輪車」と、パトロール用の「無線警ら車」に大別されます。車種としてはトヨタの200系クラウンが主流。最近では、最新の210系クラウンも見かけるようになっています。

これまでの白黒パトカーの危険度の見分け方は赤色灯の載せ方でした。交通取り締まり用は、高速走行時に風の影響を受けないために、パトカーのルーフに直接載った状態。おもに交通機動隊や高速隊が使用しています。

交通取り締まり用のパトカーは3,000ccのハイパワーモデルで、乗員の追尾・スピード測定の技量も高く、同じ白黒パトカーでもパトロール用とはまったくの別物。とくに夜間は発見が遅れ、追尾された赤色灯で気づくということもよくあります。

210系クラウンのパトカーの顔つき

一方のパトロール用は、赤色灯の下にある白い箱が象徴的な装備。箱の中には、停車中のパトカーへの追突事故防止のための赤色灯昇降装置のアームが収納されています。自動警ら隊や警察署の地域課で使用されます。

文字どおりパトロール用の白黒パトカーのため、不審者への職務質問や信号無視などの交通違反も取り締まりも行います。このため、赤色灯を高く上げて遠方からの視認性を高めているわけです。

最近では、210系クラウンの白黒パトカーも見かけます。これまでは「ロイヤル」がベースでしたが、210系クラウンでは2,500ccまでの設定しかありません。このため、交通取り締まり用は3,000cc以上の設定のある「アスリート」がベースです。

クラウンの白黒パトカーは赤色灯の下の白い箱が外観上の違いでしたが、最新の210系クラウンは「顔つき」もまったく異質。パトロール用はあまり変わりませんが、交通取り締まり用はパトカーらしからぬ精悍なデザインになっているのです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。