ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?

学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?

愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。

この場所をどう形容するのがいいんだろう? 宿泊もできるし、コワーキングやコラーニングスペースにもなる。いろいろな人と交流できるという意味では、現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウスでもある。確かに古民家をリノベしていて、コダテ=戸建(こだて)ではあるんですが、とにかくおもしろいことをみんなで企てる場なのだとか。

んん〜と悩んでいたら、公式ホームページに書いてある「会員制のヒミツキチ」という言葉がしっくりきました(笑)。2018年1月20日にオープンしたばかりの八幡浜のヒミツキチ、コダテルはこんなところ!学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?

仕事場ニナル。

コダテルは、コワーキングスペースにもなります。

フリーランスの人も自由に使えるし、仕事の打ち合わせをしてOK。初めはまったく違う仕事をそれぞれ進めていた者同士から、新しいプロジェクトが企てられることもあるかもしれません。

ここから生まれるコラボや、つながりを大事にしたいそうです。

泊マレル。

コダテルは、宿泊もできます。仲間と合宿をしてもいいし、八幡浜観光のベースにしてもいい。リモートワークをしながら、中長期滞在の拠点にする、なんてこともできます。

なかには、移住を検討していて、そのテストケースとして泊まっていくという人もいるそうです。普通のホテルに泊まるのとは少し違う、もっと地域に根ざした「宿泊体験」ができるんですね。

ドミトリータイプなら1泊あたり3000円。個室なら4000円(連泊割引あり)。

学ベル。

学校とも塾とも、少し違う。大人と子供の境界線をあいまいにしているからこそ、学べることがあるはず。

コダテルで学べるのは、生きるために必要なことやワクワクすること、教科書を少しナナメにしたようなことだと思うんです。

みんなで学ぶ、っていうのもいいですよね。

仲間ミツカル。

コダテルはそもそも、いろんな人が集まれる場所。八幡浜に住んでいる人も、旅行で来た人も、大人も子供も、ここに集まれば何か「ワクワク」が始まるような。

企てる人次第で、使い方は何通りにもなるはず。学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?

運営しているのは、「NPO法人 八幡浜元気プロジェクト」などを立ち上げ、精力的に地域活性に取り組む、濵田規史さん。

みかん農家で育ち、小さい頃から人を楽しませることや、地元を盛り上げることばかり考えていたそう。一度は就職した金融機関を退職し、コダテルをオープンしました。

「コダテルはいろいろな使い方ができるんですが、子供たちや高校生が下校に立ち寄ったり、主婦の方たちが気軽に集まって何かイベントの準備をしていたり、地元の人と旅行者が話せたり、そういう交流が生まれる場にしたいと思っているんです。みんなが考えている『おもしろいこと』を形にできればな、って」

学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?学べる、仕事場になる、集まれる。秘密基地「コダテル」とは?

利用料金は使用頻度別に設定されていて、フルタイム会員・アフター会員・ホリデー会員・ゲスト、の4つ。

月あたりの利用料は入会金+3000円〜10000円にグレード分けされていますが、一時利用なら1時間300円からでも使えますよ。

コダテル

住所:愛媛県八幡浜市向灘2187
TEL:0894-21-2629
営業時間:10:00〜23:00
定休日:不定(最終入館22:00)
http://codateru.com/

Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 八幡浜市

関連記事リンク(外部サイト)

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)
東京から90分。「週末の田舎暮らし」が味わえるLOOF
クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。