ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

料理人・土井善晴先生が伝授! こんにゃくが肉に変わるレシピ

料理人・土井善晴先生が伝授! こんにゃくが肉に変わるレシピ
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。4月19日(木)のオンエアでは、料理人の土井善晴さんをゲストにお迎えしました。

■父に付き添って世界を旅した日々

今週の番組のテーマは「旅」ということで、土井さんにも旅の話をお訊きしました。土井さんは学生の頃から父・土井 勝さんの料理講習会に付き添って世界中を旅していたそう。

土井:オーストラリアに行ったり、中国に行ったり、ヨーロッパに行ったり。父が作った団体旅行によく連れて行ってもらいましたね。その後の修行時代は本当に全ての時間を拘束されてますので、自由にならなかったです。

土井さんは大学を卒業後、スイスとフランスで料理を勉強しています。「旅行ではないものの、新しいものとの出会いという意味では毎日が新しい、旅をしているという感じがあった」と当時を振り返りました。

■料理をするのが「怖かった」

土井さんは、スイスとフランスに行く前まで、ほとんど料理をしたことがありませんでした。その理由は「怖かった」から。

土井:盛り付けひとつにしても「父の盛り付けは素晴らしい」ということになると、「自分も素晴らしい盛り付けを」と思うわけですね。料理は簡単でないというのを知ってましたから。だから何をするのも怖くって。

そういったプレッシャーから逃れるという意味でも、海外に行くのは気が楽だったそうです。

土井さんは修行時代、有名なフランス料理人、ポール・ボキューズさんの兄弟子で、フランス最優秀料理人の称号を持つマルク・アリックスさんの家に居候していました。GWの時期、フランス北西部のブルターニュ地方にあるサン・マロという漁港では、絶品のオマール海老が食べられるそうで……。

土井:オマールのグリルを食べるだけで、「もうこれだけで帰ってもいい」と思うくらいすごいです。ただ焼いただけなんですけども、テーブルにつきましたら、大きなカゴにいっぱい生きたオマールが、ガラガラと動いてるわけです。

その中から、食べたい一尾を選ぶと、それをグリルしてくれるそう。海老は身が少ないと思う人もいるかもしれませんが、部位によって食べ応えが違うそうで、「それを40分くらい無言で食べ続ける。素晴らしいものがあります」と土井さんは熱く語りました。

■おいしいこんにゃく料理を紹介

番組では、土井さんにリスナーからの質問にも答えていただきました。ここでは、現在、糖質制限中でこんにゃくをよく食べるというリスナーからの「ありふれたものではなく、なにかおいしいこんにゃく料理があったら教えてください」というメッセージに答えた場面を紹介します。

土井:まず、「ゆでる・塩もみ・たたく」の下準備によってこんにゃくの水気を抜く。徹底的に叩き続けてから、湯がくと、水分が抜けてものすごく固くなるんです。それを甘辛く煮付けて、唐辛子をちょっと入れてもらってもいい。そうすると、こんにゃくのきんぴらですよ。小判形くらいの大きさにしておいたら、こんにゃくが肉に変わりますから。

糖質を気にされている方は、ぜひ試してみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。