ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリカフェの季節到来!今年は新企画『kiri collection/キリコレ2018』が話題に

今年も「Royal Garden Cafe 青山」(港区北青山)にて、2018 年4 月11 日(水)~5 月10 日(木)までkiri® café (キリカフェ)が期間限定でオープンしています。 「kiri café」は「Royal Garden Cafe 青山」とのコラボレーションのもと「キリ クリームチーズ」を使ったフードやデザートを通じ“キリの世界観”を満喫できる企画。昨年は、期間中に1 万7 千人以上が来店する人気ぶりが話題となりました。

3年目となる今年は、そんな“キリの世界観”がパワーアップ!「Royal Garden Cafe 青山」を飛び出し、近隣の青山・外苑前、表参道・原宿エリアの様々な業種、全14 店舗ともコラボレーションした『kiri collection/キリコレ2018』(以下、キリコレ)を同時開催しています。 Mart(マート)2018-03-28 発売号
Fujisan.co.jpより

原宿・青山周辺エリアで4つの「キリ」体験!

期間中に「kiri café」をはじめ、各コラボレーション店舗にて「キリコレマップ」を配布。「体験する」「キレイになる」「買う・もらう」「味わう」など4種類の「キリ」にちなんだ新しい出会いが楽しめます。マップには「キリコレ」コラボレーション店舗の詳細情報のほか、近隣エリアのマップも掲載されており、青山・外苑前、表参道・原宿エリアを楽しむアイテムとしても活用できますね。 「キリ」を満喫できるエリア散策は、普段は寄らない店舗の開拓や新しい魅力の発見にもつながります。実際に「キリコレマップ」を片手に取材をしてみると、よく通りかかるものの、今まで入ったことがない店に立ち寄るなど、いつもと違う新鮮な気持ちを味わうことができました。 例えば『CANDY SHOW TIME』。店内には甘い香りが広がり、カラフルなキャンディーが並ぶ外国人観光客にも人気の店ですが、個人的には「キリコレ」がなければ足を向けなかったお店です。

『CANDY SHOW TIME』ではキャンディー作りの実演を見る事ができ、子供はもちろん大人まで楽しめます。ちなみに、こちらでは「キリコレマップ」を提示すると「キリ」にちなんだキャンディーをプレゼントしてもらえます。(キャットストリート店にて数量限定)※「キリコレ」オリジナルコラボキャンディーは「表参道本店」「キャットストリート店」「ポシェット店」限定で販売。

『生活の木 原宿表参道店』では、「キリ クリームチーズ」と一緒に食べると相性抜群の「ハーブコーディアル」を紹介。「ハーブコーディアル」もしくは「トリコロール・アロマソープセット」を購入すると「キリ クリームチーズ(6 個入り1 パック)」を先着順でもらうことができます。 店長おススメ!手に持つのは「ハーブコーディアル/有機ゴジベリー&ザクロ」 https://www.treeoflife.co.jp コーディアルは、ハーブや果物をシロップに漬け込んだ英国発の伝統的なノンアルコール濃縮飲料。水、炭酸水、お湯、ハーブティーなどに混ぜ7~8倍に希釈して楽しみます。アロマやハーブなど普段、あまり親しみのない筆者ですが、まさかの「キリ」つながりで出会った「ハーブコーディアル」は新しい発見でした。

美容と健康に一杯!ホッとする自然の甘さが口に広がります。

『ICE MONSTER表参道』では、「キリ クリームチーズ」を使用した「クリームチーズケーキかき氷」と、マンゴーとサクサクのクラッカー、「キリ」のソフトが層になったソフトクリーム「クリームチーズソフトパフェ」が人気。 生クリームのようなエスプーマがたっぷりかかったかき氷は、チーズ好きには悶絶必至の一品。濃厚な「キリ クリームチーズ」とふわふわのかき氷は相性抜群です。はちみつレモンシロップをかけるとコクと酸味が程よくマッチ。対して「クリームチーズソフトパフェ」は爽やかな口どけでクセのない味です。やさしいチーズの味とマンゴーの酸味が口の中で溶けて、何度食べても飽きません。

試作を繰り返し、味もさることながら“見た目”にもこだわった自信作です。※「クリームチーズケーキかき氷」「クリームチーズソフトパフェ」は「ICE MONSTER表参道」限定。

下の写真は『NORA HAIR SALON<NAIL>』にて施してもらったネイル。(指先をよーく見て下さい…「キリ」の包み紙のデザインです。気がついた人は相当な「キリ」マニア!?)SNS映えもしそうですね。

小山ロール×キリが都内で食べられる奇跡

2018年のkiri® café テーマは「シンプルな幸せ」です。

「Royal Garden Cafe 青山」のデニスシェフ、オリジナルの「キリ クリームチーズ」を使った新作メニューや、「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)の小山 進氏による、一日限定150セットのオリジナル“スイーツプレイト”「es koyama プレート『kiri No.5 2018』」を提供中です。

海老、ヤングコーンのkiriクリームスパゲッティ kiriのカプチーノ仕立て

春を感じさせる色彩のパスタ。牛乳と和えた「キリ クリームチーズ」をスプーマ状にしたトッピングが、クリーミーなスープに「キリ」ならではの爽やかな酸味を効かせます。

メカジキと春野菜のグリル、kiriとグリーンピースのココット焼き

左)グリスされたメカジキを「キリ クリームチーズ」のソースと泡状のスプーマと和えていただきます。レモンとピンクペッパーがアクセントに。右)旬のグリーンピースのピューレと「キリ クリームチーズ」、マッシュポテトの3 層からなるココット焼きは「これ、どうやって作るの?」と試食会でも評判でした。

es koyama プレート「kiri® No.5 2018

想像の上をゆく美味しさの“ぷりん”は、「キリ」好きもスイーツ好きも唸らせること間違いなし。どれから食べたらよいか迷ったら、フランボワーズが入った繊細な味の「赤い実のロールケーキ」から食べ、マカロンで〆るのがおススメです。

他にも「牛肉、スパイシーソーセージと彩り野菜のグリル、kiri®、kiri® ハリッサ2 色のソース」や「kiri®とスプリングポテト、サンマルツァーノトマトのクリーミースープ」などの肉料理や各種野菜料理も充実しています。

世界初“チーズを超えた”コラボ

フランスに生まれ、世界中で販売されている「キリ」ですが、このようなコラボレーションは世界初であり日本独自の試み。販売元のベル ジャポン株式会社は「キリ」を通じて“しあわせ体験”を開催エリア一帯に広げ、食べるだけではない新しい「キリ」の魅力も味わってほしいとしています。

また、開催期間中にはコラボレーション店舗を巡りスマホでスタンプを集める「キリコレ スタンプラリー」も実施され、「キリ」特別クッズが抽選で貰えます。

「kiri café」および『kiri collection/キリコレ2018』は、2018年5 月10 日(木)まで開催中。期間中は青山・外苑前、表参道・原宿エリアのショップや工房にあるトリコロールのステッカーやポスターが目印です。詳しくは各店舗、または公式ホームページまで。https://www.bel-japon.com/kiri/treat/index.html

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。