ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「カジノ街」のキュートな一面

「カジノ街」のキュートな一面

 

ここで紹介するのは、すべてマカオの一角をとらえた写真。

先日の記事でも紹介したように、カジノやラグジュアリーなホテルのような非日常的なイメージが強いマカオですが、じつはそれって一部に限ったはなしで。すこし外れた場所へ移動すると、こんなにキッチュで可愛い風景が広がっていたのです。

 

【セナド広場周辺】

「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面

 

マカオはもともとポルトガル領でした。なかでもセナド広場は、ヨーロッパ式の建物や石畳など、当時の名残がしっかりある場所。天主堂跡や戀愛巷など、周辺には観光名所が点在しています。

 

【タイパヴィレッジ】

「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面

 

お土産屋さんや飲食店が軒を連ねるタイパヴィレッジ。メインストリートの官也街は観光客で賑わっていますが、一本通りを入ると、古き良き中国の面影が残る、ノスタルジックで閑静な住宅街が広がっています。

 

【コロアンヴィレッジ】

「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面「カジノ街」のキュートな一面

 

コロアンヴィレッジは小さな港町。セナド広場のヨーロッパチックな雰囲気と、タイパヴィレッジの中国らしいノスタルジックな雰囲気がミックスされた感があり、和やかな空気が流れています。有名な教会やエッグタルトのお店なんかもあります。1時間あれば、じゅうぶん観光できますよ。

 Photo by Kozai Mikako

関連記事リンク(外部サイト)

こっちが、マカオの本当の姿なのかもしれない
絶対に恋人と行ってはいけない「オランダのカジノ」
モロッコ旅行の目玉「フナ広場」を疑似体験してみよう!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。