ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働

ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働

 RPG好きなら一度は憧れる冒険の世界。そこに全身で入り込めるフィールドVRアクティビティ「ドラゴンクエスト VR」が、4月27日(金)より東京新宿の国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」にて稼働開始となります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 バンダイナムコアミューズメントが運営する「VR ZONE SHINJUKU」では今話題のVR(バーチャルリアリティー・仮想現実)を使った体感型エンターテインメントの数々をこれまでにも提供していますが、遂にドラクエの世界が登場!体験者はドラクエの冒険者となってその世界を全身で体感する事ができます。

 体験者はパーティを組み「戦士」2人「魔法使い」「僧侶」の4人で360度に広がるドラクエの世界で冒険に旅立ちます。国王の命を受け、「草原」「山ろく」「ゾーマ城」の3つのステージをモンスターと戦いながら旅をしていき、ドラクエ3のラスボス「ゾーマ」への最終決戦へ。冒険の始めに、オリジナルキャラクター「ホミリー」が付いてきてくれてナビゲートしてくれるので新米冒険者でも安心。装備の使い方や冒険をサポートしてくれます。
ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働オリジナルNPC「ホミリー」

 冒険者は職業を選択し、それぞれの得意な攻撃などで襲い来るモンスターたちに立ち向かいます。チームプレイとなるので仲間とのチームワークが不可欠。肉弾戦が得意な戦士、魔法使いは攻撃呪文で敵を遠距離から攻撃、僧侶は攻撃魔法に加え回復魔法も操れるのでパーティには不可欠。VRの世界で自分が剣をふるったり魔法を放ったりと体感できます。
ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働360度の戦いが待っている

 アクティビティの予約は4月20日(金)より受付開始。また4月25日(水)にはオープニングイベントを開催。ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二氏や、ドラゴンクエストが大好きなタレントのみなさんを招いたトークイベントを開催します。イベントの内容は YouTube チャンネル「876TV」でLIVE配信されるのでこちらもファン必見。

 さらに、VR ZONE SHINJUKU全体がドラクエ仕様となりコラボフードやオリジナルグッズも展開。見た目も味もドラクエ仕様にこだわり抜いたコラボフードで腹ごしらえして冒険に旅立ったり、冒険の証としてグッズを手に入れるのもいいかも。

 「ドラゴンクエスト VR」の冒険の費用は1回3200円(施設入場料別途 800円)、対象年齢は7歳以上から(※13歳未満のお子さまには保護者の同意が必要です)。

ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働世界樹をイメージしたプロジェクションマッピング

「ホミリーのオムライス」
1,280 円(税込 1,382 円)

「メタルスライムの包み焼きハンバーグ」
1,380 円(税込 1,490 円)

「ドラキーのレアチーズケーキ」
1,480 円(税込 1,598 円)

ドラクエの世界を全身で体感 「ドラゴンクエスト VR」新宿にて稼働レモン汁で色が変わる「スライムドリンク」 580 円(税込 626 円)

冒険の書型「アイシングビスケット」
800 円(税込 864 円)

「アクリルキーホルダー」
480 円(税込 518 円)

(C)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
(C)BANDAI NAMCO Amusement Inc.
情報提供・株式会社バンダイナムコアミューズメント

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

「ロックマン30周年記念ライブ」開催決定 30年の歴史を彩った選りすぐりの名曲、人気曲をチョイス
「不思議のダンジョン」チームがおくる「世紀末デイズ」4月19日にβテスト開始
完全新作「新サクラ大戦」プロジェクト始動

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy