ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーラーパフを100均グッズを活用して自作した

ソーラーパフを100均グッズを活用して自作した

太陽光で充電でき、小さく折り畳めることで人気の「ソーラーパフ」。3,500円ほどとLEDライトにしてはやや高価なので、自作してコストを抑えましょう。防水機能の再現は難しいものの、太陽光充電と折り畳みは再現可能。本家は1辺が11cmの立方体ですが、自分で作れば好きなサイズにアレンジできます。

ソーラーパフ立方体の展開図を作成

ソーラーパフの自作に必要な材料は、ダイソーで買える「ソーラーガーデンライト」(108円)を2個と、ユタカの1.8m四方のレジャーシート「ホワイトシート3000」(771円)です。

まずはダイソーのソーラーガーデンライトのライト部を分解。ハンダでソーラーパネルを取り外します。ちなみに、ガーデンライト中身はごく普通のレギュレーター式ソーラーライトでした。

続いて、レジャーシートでソーラーパフの立方体の展開図を作ります。今回は1辺を10cmで作成。のりしろは1cm程度で十分です。収納用の折り目をつけ、真ん中にはソーラーパネル用の窓を3×6cmで空けておきます。

自作ソーラーパフは軽量かつ丈夫

瞬間接着剤などを使い、レジャーシートを立方体に組み立て。立方体の左右側面は後でフタをするので、そのまま残しておいてください。

ソーラーパネルを、透明の養生テープなどで裏から固定。むき出しだと劣化するので、透明のフィルムやクリアファイルを挟むとベターです。ソーラーパネルとLEDライトをハンダ付けします。最後にホワイトシートのフタをして完成。持ち手を付けるとより、本家のイメージに近づくでしょう。

完成した自作ソーラーパフは、本家に比べるとややボリューミーですが、厚さ2cmほどに折り畳めました。ボディの素材はレジャーシートなので、軽量かつ丈夫なのもポイントです。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。