ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
バナナといえば子どもの頃から親しんでいるフルーツの代表格。デザートやおやつ、朝食がわりに食べる人もいるかもしれませんね。

そんなバナナに氷河期を体験させると、通常の倍の早さで成長し、しかも糖度が高いものができるのだそう。それって一体、どういうことなんでしょうか? そしてそのバナナのお味は?

趣味で始めたバナナ栽培

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
今回ご紹介する『ともいきバナナ』を生み出したのは、田中節三さん。もとは実業家だった田中さんは、農業の専門家でもなく、バナナ栽培も素人でした。しかし子どもの頃食べたバナナの味が忘れられず、自分が食べるために40年前に趣味でバナナ栽培を始めたと言います。

田中さんが大好きだった「グロスミシェル」というバナナは、世界中に広がったパナマ病(バナナが枯れる病気)でほぼ絶滅してしまいました。今流通しているバナナは「キャベンディッシュ」といって、子どもの頃とは全く違う味なのだそう。

そしてあの頃食べたバナナの味わいを復活させるべく、知識ゼロからのバナナ栽培が始まったのです。

生きる力を目覚めさせる「凍結解凍覚醒法」

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?熱帯地域で作られたバナナ

そもそもバナナは熱帯の果実。それを日本で育てるために、田中さんは20年近く試行錯誤を繰り返してきました。そしてたまたま見たドキュメンタリー番組で植物のソテツが5億年前から存在し続けることを知り、「人工的に氷河期を経験させれば、その生命力を最大限に引き出せ、日本でもバナナが育つのでは・・・」と考えます。

そして苗を冷凍する試行錯誤が始まります。しかし中々うまくいかず、すぐ枯れてしまい・・・。

最終ヒントをくれたのは、なんと金魚。植物だと成長に時間がかかるため魚類で実験していたところ、金魚を入れた水槽を一度ずつ下げていくと金魚も一緒に凍るものの、解凍すると金魚が動き出したのです。金魚と同じ、「バナナもじわじわ凍らせればいい、氷河期だって一夜にして凍るわけではない」と発見!

その後も特殊な溶液を使うなど試行錯誤を繰り返し、誕生したのが「凍結解凍覚醒法」。しかもこの方法だとバナナは早く成長し、普通より甘くなるのです。まさに生命力を目覚めさせた成果でした。

本来バナナは皮ごと食べられるもの

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?(画像はイメージです)

「本来バナナは皮ごと食べられるもの、皮にこそ栄養がある」と田中さんは言います。それができないのは、農薬やワックスが使われているから。それに、日常的に食べているバナナの皮は、苦くて分厚く、とても皮ごといただける感じではありませんよね。

『ともいきバナナ』の皮は薄くて苦味がほとんどなく、化学肥料、農薬は一切使っていません。だから、皮まで安心して食べられます。虫が発生したときは一匹一匹人の手で取り除きます。愛情をもって育てられているのです。

そして気になるお味は?

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
そんな奇跡のバナナ『ともいきバナナ』を実際にいただいてみましょう。

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
見た目は普通のバナナとさほど変わりません。

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
切って断面を見てみると、皮がうすく中身はねっとりとした感じ。おいしそうです。実際、糖度は25度。普通のバナナの1.5倍もあります。

いただいてみると、たしかに甘みが強く、旨味がつまった味わいです。皮も食べられます。皮までいただくというのは何か、野生にかえったようなワイルド感があります。あと、皮が薄いとはいえ通常より満腹感が高まりそうです。

ただし誤解のないようにお伝えしますが、皮だけワシワシ食べたい、という感じではありません(個人の感想です)。栄養やその奇跡の復活ストーリーとともに皮もいただきましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんや両親など、昔のバナナを子ども時代に食べたことがある人たちに贈ってみると、「懐かしい味!」と喜んでもらえるかもしれませんね。

ともいきバナナ 公式通販サイト
https://banana.theshop.jp

氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?
[Photos by Aya Yamaguchi shutterstock.com] 氷河期を体験した皮ごと食べられるバナナってどんな味?

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。