ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レジュメの書き方でオファー金額がアップする!?―moffersのキャリアアドバイザーに聞いてきた!


さらに、もう1ポイント!
なぜ、それをしたいのか
その技術に関わることで何を実現したいのか

も合わせて書くと、評価が高いと思います。

ポイント⑧:QCD等のフレームワークを取り入れるべし


最後にもうひと押し「ここに手を入れれば、もっとレジュメのクオリティーが上がるのに」というポイントがあったら教えてほしいです。


はい!お教えしましょう。

QCDや5W1Hなどのフレームワークを取り入れて書くと評価が高いです。

こういったフレームワークが使える人なのかどうか、というのは見られています。

というのも、先ほどもお話しした通り、レジュメは人事だけじゃなく現場の人も見るんですよね。

「QCDのCが抜けてる。コスト意識ないよね。だからプロマネできないよね」ですとか。


なるほど。僕も、一度書いたレジュメ内容をQCDで整理し直そうと思います!

◆QCDとは

Quality(品質)
Cost(費用)
Delivery(納期)

これら3つの要素をまとめた、主に製造業において設計・生産時に重視されるポイントのこと。

◆5W1Hとは

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

これら6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのこと。

総括して、あかささんのレジュメを直すとしたらどこ?

次の希望キャリアを明確に意識して書く
プロジェクトの大目的を入れる
なんのシステムかがもう少し具体的な目安があるとGOOD
QCDのフレームワークを取り入れるとよりGOOD

あかささん、アドバイスを受けてどうですか?


自分の経験やアピールしたいポイントなどを書く機会はなかなかないので、実際に転職アドバイザーからアドバイスをいただけるのはありがたいですね。

あと、Web上でのフィードバックが丁寧で、優しい印象を持ちました!

アドバイスも具体的でわかりやすかったです。


よかったです!フィードバックにはこだわっているんです。質ももちろんですけど、特にこだわっているのはトーンですね。

指摘するにしても「こうしてください」ではなく「このように書くとよりよくなりますよ」というトーンで伝えるようにしています。


そうなんです。moffersのキャリアアドバイザーは「ビシバシ指摘する」というよりかは「よりよいレジュメになるようにお手伝いをしている」んですよね。

フィードバックの総評・入力不備は、moffersログイン後のダッシュボードの一番上に表示されます。プロジェクト詳細は、プロジェクトごとにアドバイスしていますよ。

【おまけのQ&A】フィードバックはみんなしてもらえるの?


moffersって、すべてのユーザーのレジュメに目を通してアドバイスしているんですか?

前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy