ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

レジュメの書き方でオファー金額がアップする!?―moffersのキャリアアドバイザーに聞いてきた!


今までどんなことをしてきたのか、くわしく書いてあるので、とても良いと思います。ただ次のキャリアの具体的な話が少ないですね。
次の希望キャリアを明確にして、それを踏まえて活かせるキャリア・要素を選択するのがポイントです。

ポイント①:次の希望キャリアを明確にする


次のキャリア、ですか?


はい。たとえば、今後
リーダーやマネジメントの経験を積みたいのか
業務やシステムのコンサルティングの方面へ進んでいきたいのか
エンジニアとして技術力を上げていきたいのか

さらに、どのキャリアを希望しているのかがハッキリ書かれていると、企業側も判断しやすくなります。

マネジメント系に進みたいなら、今までの仕事経験の中からマネジメントに関わった部分を書く。

コンサル系に進みたいなら、「お客様が本当に解決したいことは何か」といった、一歩踏み込んだエッセンスを入れる。

技術系に進みたいなら、技術的なエッセンスをもう少し入れる。

いずれかに振り切ると評価が高いと思います。

moffersの登録ページでは、「今後やりたいこと」を選択肢の中から選んで書き始められます


そういう意味では、僕はエンジニアとして技術力を上げていきたいですね。
でも、『技術力を上げたい』だと『個人で勉強すればいいのに』って思われちゃいませんか?


それは伝え方や内容によりますね。企業の業務内容によっては、個人が自宅でできる範疇を超えているものも多くあります。
たとえば金融システムの開発なんて個人ではできませんよね。有償のシステムや技術もありますし。


なるほど。安心しました。

ポイント②:プロジェクトの大目的から書くべし


ほかに気になったのは、プロジェクトの大目的が書かれていないことですね。


大目的、ですか?


そもそも「そのプロジェクトはなんのためにやったのか?」という部分ですね。大目的が抜けているレジュメって結構多いんです。目的を明確に書くことによって、プロジェクトの進め方や優先順位の決め方、ゴール設定などが見えやすくなります。

ポイント③:過去の仕事内容は具体的に書くべし

前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき