ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

近年、増えてきた「バンドのかけもち」 そのメリットをフレンズが語る

近年、増えてきた「バンドのかけもち」 そのメリットをフレンズが語る
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。4月15日(日)のオンエアでは、男女混合5人組バンド・フレンズから、おかもとえみさん(Vo / 科楽特奏隊)、ひろせひろせさん(Key / nicoten)、長島涼平さん(B / FINAL FRASH、the telephones)がゲストに登場しました。

■長島涼平は先見の明あり!?

フレンズのメンバーは、他のバンドでも活動をしています。クリスは「バンドの掛け持ちは大変ですか?」と問いかけました。

ひろせ:組むときに涼平さんが言っていて、その通りになるんだろうなと思った話があって。「掛け持ちとか、バンドはひとり1個みたいな概念が変わってくる」と、3年くらい前から言ってて。実際、今そういう風潮があって。Suchmosのメンバーが他のバンドもやってるとか、けっこう掛け持ちしてる。ほかにも「フェスが3DAYSあったら、2DAYS違うバンドで出るのが当たり前になってくるよ」って言ってたんですよ。
長島:ボーカリストが掛け持ちしたりとかっていうのは、今までもよくあったと思うんですけど、普通の楽器担当が公式で掛け持ちしたりするのって、まだ僕らがいたようなシーンではメジャーではなかった気がして。

クリスいわく、以前のバンドは掛け持ちをすると「よくそんなことを!」という空気があったそうですが、最近はそんなこともなく寛容になっているようです。そして、アーティストによっては、バンドによって担当楽器が異なる人もいるため、おかもとさんは「いろんな楽器に触れられるっていうのが、どのバンドにも糧になってます」と話しました。

■ベーシストの前でベースを弾く難しさ

おかもとさん、ひろせさんは、元ベーシスト。このバンドでベースを担当している長島さんは、ベーシストの前でベースを弾いているため、「自分だったらこうやって弾くんだけどなと思われているのでは」と考えてしまうそう。オンエアで「正直めちゃくちゃやりづらい(笑)」と明かしました。

フレンズは、6月15日(金)Yokohama Bay Hallを皮切りに、全国5カ所で行う対バンツアー「フレンド申請ツアー2018」を開催します。また、先日のライブで7月にファースト・フル・アルバムをリリースすることを発表。しかし、まだ曲はできていないそう。「ライブ会場で『出す』と言ったら出さなきゃならない」と、自分たちを追い込む意味を込めて発表したと話しました。少しずつ内容が決まってきているとのことなので、完成を期待して待ちましょう。

次回4月22日(日)『SAISON CARD TOKIO HOT 100』では、オースティン・マホーンがゲストに登場します。クリスがインタビューをした模様をお届けしますので、お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時−16時58分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy