ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク(Song Review)

「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク(Song Review)

 米ビルボード・アルバム・チャートで通算12週の首位を記録した『ヴューズ』(2016年4月)から2年振り、5作目のスタジオ・アルバム『スコーピオン』を2018年6月にリリースすると発表したドレイク。本作からの先行シングルとしてサプライズ・リリースした「ナイス・フォー・ホワット」は、発売翌週に早速米ビルボード・ソング・チャート(HOT100)初登場1位に輝いた。

 制作/プロデュースは、『ヴューズ』収録の「ウィズ・ユー」や、前作『モア・ライフ』の「ポートランド」等を担当したマーダー・ビーツ、前曲「ゴッズ・プラン」を手掛けた同郷トロントの音楽プロデューサー=ノア“40”シェビブが担当。

 同曲には、ローリン・ヒルの「エックス・ファクター」がサンプリングされていて、メインフレーズの“Care for me, care for me I know you care for me~”にドレイクが巧みなラップを重ねる。原曲の早回しやラップの手法含め、初期のカニエ・ウェストを彷彿させる。ちなみに、このボーカルを担当したのは、ビヨンセのヒット曲「フォーメーション」(2016年)のミュージック・ビデオの参加で注目された、“バウンスの女王”ことビッグ・フリーダ。

 「ナイス・フォー・ホワット」と同じタイミングでリリースされた、フィーメール・ラッパー=カーディ・Bの新曲「ビー・ケアフル」にも使用されたことから、サンプリング・ソースである「エックス・ファクター」も再燃している。この曲が収録されたローリン・ヒルのソロ・デビュー作『ミスエデュケーション』は発売から20周年を迎え、アルバムの記念ツアーを開催すると先日発表されたばかり。以前は「ドゥー・ワップ」をサンプリングしたこともあり、このタイミングで使ったのは彼女へのリスペクトか。

 ドレイク節全開の歌モノ「ホットライン・ブリング」(2015年)とも、「ワン・ダンス」(2016年)や「パッションフルーツ」(2017年)といったトロピカル・チューンとも違う、2000年代初めのバウンス的要素を含む「ナイス・フォー・ホワット」。ドレイクがリスナーに飽きられないのは、サウンドやラップ(ボーカル)が常に進化し続けるからだろう。音楽評論家も、「サンプリングが上手く使われている」、「女性へのアプローチも完璧」などと絶賛。ローリンの名曲が使われていることもあり、馴染み難い日本の女性リスナーも聴きやすいトラックに仕上がっている。

 発売同日に公開されたミュージック・ビデオも面白い。子役時代から活躍するヤラ・シャヒディや、コメディアンとしても高い人気を誇るティファニー・ハディッシュ、人気ドラマ『インセキュア』でブレイクしたイッサ・レイなどの女優が出演し、様々なシーンで活躍する女性に焦点を当てている。ドレイクはあくまで“サブ”という、控え目な姿勢にも好感が持てるし、計算高いともいえる展開・完成度の高さには感服する。

 この曲の2か月前にリリースした「ゴッズ・プラン」は、「ナイス・フォー・ホワット」が初登場1位にデビューする前週まで通算11週の首位マークし、ワン・ツー・フィニッシュを飾った。初登場の楽曲による首位の入れ替わりは歴代初で、その他にも25曲目のTOP10入りを果たし男性ソロ・アーティストでは歴代4位に輝くなどの快挙を達成しているドレイク。衰え知らずのこの人気に、カニエやジェイ・Zも(セールス面では)敵わない。まさに、キング・オブ・ヒップホップ!

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「ナイス・フォー・ホワット」
ドレイク
2018/4/6 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク、「ゴッズ・プラン」に代わり新曲「ナイス・フォー・ホワット」が首位に
ドレイク、ニューAL『スコーピオン』を2018年6月にリリース
ドレイクとカーディ・Bが新曲でサンプリング!ローリン・ヒル「エックス-ファクター」とはどんな曲?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy