ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新ポスターが公開!テーマパークがたどる残酷な運命を示唆

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新ポスターが公開!テーマパークがたどる残酷な運命を示唆

今夏公開予定の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のテーマはどうやら「崩壊」のようである。公開を心待ちにしているファンにはあと1本予告編が作られたようだが、映画ポスターの最新版がお目見えした。そこにはかつてのテーマパークがたどる残酷な運命を物語る文言が記されている。

今回発表された新作ポスターは1枚で、そこには私たちが見たことのある光景が描かれている。オーウェン(クリス・プラット)、クレア(ブライス・ダラス・ハワード)、そして新キャラのフランクリン(ジャスティス・スミス)の3人が、巨大恐竜から逃れるべく身を隠しているのは、廃園となったテーマパークの球体アトラクション「ジャイロスフィア」だ。しかしここで見る者の目を引くのは、やはり背景の噴煙を上げる火山だろう。新作で巻き起こる手に汗握るアクションの多くは、この噴火がきっかけなのだ。

前作の終わりでイスラ・ヌブラル島を占拠した恐竜たちは、火山の噴火という絶滅の危機に再び見舞われる。自分が一番恐れていたことが起こってしまったクレアは、恐竜たちを救出するためオーウェンに協力を求めるが、離島から恐竜を何十頭も避難させるのはたやすいことではなかった。

The park is gone. Watch the new trailer for @JurassicWorld#FallenKingdom tomorrow. pic.twitter.com/T4YqS62S0A
– Jurassic World (@JurassicWorld) 2018年4月17日

「テーマパークはもう無い」

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本公開は7月13日だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

エマ・ワトソン、トム・フェルトンら『ハリポタ』ホグワーツ同窓生と再会!
『フルメタル・ジャケット』ハートマン軍曹役R・リー・アーメイの訃報に、共演者やファンから追悼の声続々
ザッカリー・リーヴァイ、DC映画『Shazam!』撮影のために鍛えた筋肉を披露!「偽マッチョ」疑惑を一蹴
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は「ジョークが盛りだくさん」!主演オールデン・エアエンライクが明かす
アメコミ好きのニコラス・ケイジ、ジョーカーなどのスーパーヴィラン役を熱望!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。