ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族にはナイショで宅配便の荷物を受け取る方法

家族にはナイショで宅配便の荷物を受け取る方法

ネット通販で何でも買える時代。とはいえ、1人暮らしの人はさておき、家族と同居しているとキワドイ買い物はしにくいものです。そんな時に使える、家族にはナイショで宅配便の荷物を受け取れる手軽で便利な方法を紹介しましょう。深夜や早朝に荷物を受け取りたい時にも役立つテクニックです。

宅配便の荷物をコンビニ受け取り

家族にナイショで荷物を受け取るなら「コンビニ受け取り」を利用します。買い物をする通販サイトがコンビニ受け取りに対応している場合は、24時間営業のコンビニを選ぶと便利でしょう。

具体的には、通販サイトの配送方法で「コンビニ受け取り」を選択し、受け取り店舗を指定すればOKです。コンビニ受け取りはAmazon・楽天市場・ユニクロ・ニッセンなどが対応しています。

家族にナイショで荷物を受け取るなら「営業所止め」にするのも手です。宅配業者の営業所で荷物を引き取りに行けば、家族にはバレません。受け取りたい営業所の郵便番号・住所・営業所名を書き、その下に自分の氏名・電話番号を通常通り記入します。ヤフオク!で落札品を受け取る時などに使えるでしょう。

荷物の受け取りに私書箱を使うテク

頻繁に使うなら荷物の受け取りに「私書箱を使う」のもテクニック。「MBE」は最短3か月、郵便局は6か月以上からの契約となります。MBEは月額1,000円程度+初期費用などが必要ですが、郵便局の場合はほぼ毎日郵便物を受け取る人は無料です。

また、オークションやネットフリマなどで、見知らぬ相手に個人情報を知らせるのは不安な時は「メルアド宅配便」が安心。お互いの名前や住所を知らなくても、メールアドレスだけで品物が送れてしまうサービスです。

送料は全国一律1,500円。サイズは品物外寸3辺の合計が160cm以内、重さ20kg以内となります。支払いはクレジットカードか、ソフトバンクまたはNTTドコモのキャリア決済から選択可能です。ただ、通常の配達より半日~数日時間がかかるとのことなので、余裕を持って利用しましょう。

このほか、ヤフオク!とメルカリで、匿名による売買が可能になりました。買い手側・売り手側ともに匿名になるので、人に知られず物を売りたい場合にも有効です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy