ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】『クレしん』『ドラえもん』『名探偵コナン』主題歌がアニメ・チャートで大接戦! 首位を獲得したのは?

【ビルボード】『クレしん』『ドラえもん』『名探偵コナン』主題歌がアニメ・チャートで大接戦! 首位を獲得したのは?

 4月23日付(集計期間:4月9日~4月15日)の“JAPAN Hot Animation”チャートでは、6週連続で1位を堅固していた星野源「ドラえもん」(『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌)を抑え、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』主題歌のももいろクローバーZ「笑一笑~シャオイーシャオ!~」が首位に立った。

 「笑一笑~シャオイーシャオ!~」は、ももいろクローバーZの4人体制としては初となるシングルの表題曲で、本人たちも声優で参加している『クレヨンしんちゃん』劇場版最新作の主題歌。同曲はセールスとTwitterのポイントで1位を獲得し、ラジオの再生回数で2位、ダウンロードとルックアップで3位とバランスよくポイントを積み立てている。

 今週のTOP3は大接戦となった。2位「ドラえもん」はダウンロードで2位、ラジオの再生回数とセールスも未だ4位と上位をマークしているし、福山雅治「零 -ZERO-」(映画『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌)は、総合ポイントでは惜しくも3位に留まったものの、ラジオの再生回数とダウンロードでは首位を獲得している。『名探偵コナン』と『クレヨンしんちゃん』は先週末に映画が公開されたばかりのため今後も作品の話題性とともにチャート・アクションの動向も追っていきたいところだが、今後はどの曲もダウンロードのポイントが上位をキープするカギになってくると思われる。

 また、16位に「HiDE the BLUE」(TVアニメ『3D彼女 リアルガール』ED)、20位に「PAiNT it BLACK」(TVアニメ『ブラッククローバー』OP)と、TOP20にBiSHの楽曲が2曲同時チャート・イン。「HiDE the BLUE」は今週が同チャート初登場で、6月のパッケージリリースに先駆けた先行配信によるダウンロードのポイントで7位を獲得。ここからリリースにかけてさらに順位を上げてくる可能性も高く、動向に注目していきたいと思う。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「笑一笑~シャオイーシャオ!~」ももいろクローバーZ
2位「ドラえもん」星野源
3位「零 -ZERO-」福山雅治
4位「打上花火」DAOKO×米津玄師
5位「桜の風」アナスタシア(CV:上坂すみれ)、五十嵐響子(CV:種崎敦美)、依田芳乃(CV:高田憂希)
6位「リメンバー・ミー」シシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラ
7位「ピースサイン」米津玄師
8位「Ref:rain」Aimer(エメ)
9位「asphyxia」Co shu Nie
10位「春が来てぼくら」UNISON SQUARE GARDEN

関連記事リンク(外部サイト)

4月23日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】星野源×『ドラえもん』vs福山雅治×『名探偵コナン』、劇場版の主題歌争いを制するのは?
星野源「ここにいないあなたへ」を使用した『映画ドラえもん のび太の宝島』最新PV映像が解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。