ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旨味がジュワッ! 昭和26年創業、浅草の下町絶品ポークソテー

旨味がジュワッ! 昭和26年創業、浅草の下町絶品ポークソテー
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー『7-ELEVEN LUNCH HUNTER』。この週はGWにもおすすめの東京下町グルメを特集しています。4月17日(火)のオンエアでは、昭和26年に浅草に創業した洋食屋「ヨシカミ」のポークソテーに注目しました。

ドアを開けると、笑顔の店員さんが温かく迎え入れてくれます。古き良き、下町の人情を感じることができるお店です。今回、お店を推薦してくれた料理芸人のクック井上。さんは、「ポークソテーは、脂身の甘さと肉の部分の旨味がジュワっとしていて、醤油ベースの甘辛いタレがからみ、涙が出るほどおいしいです!」と絶賛していました。

お店には、70種類を超えるメニューがあります。店長によると、強火で焼きすぎると肉の表面が固くなってしまうため、徐々に温度を上げていきながら、芯までじっくりと火を通していくそう。「コツは小麦粉をつけて焼くこと。小麦粉が壁を作ってくれるので、焼き色をつける時も、肉汁が外にこぼれ出すことがありません」と教えてくれました。

肉は非常にぶ厚く、ほどよい焼き加減で歯ごたえのある肉に仕上がっています。“小麦粉の壁”のおかげで、噛んだ瞬間に肉汁がジュワっとあふれ出ます。 

続いて、タレの秘密についてお訊きしました。 「秘伝のステーキ醤油を使っています。豚肉は甘みのある肉なので、甘さと酸味がおいしさの秘訣です。白ワインベースで酸味を立たせた、ほんのりと甘い醤油味です」

味付けは、オープン当初からほとんど変わらないそう。ポークソテーは、単品で1450円。場所は、東京メトロ浅草駅から約5分です。

18日(水)は、タモリさんが舌を巻いた、立ち食いの江戸そばを紹介しました。19日は、下町グルメの王様、もんじゃ焼きとマグロが出会った、新感覚もんじゃを紹介します。放送は11時45分頃から。また『STEP ONE』では19日(木)まで豪華プレゼントも実施中です。どうぞ、お聞き下さい。

東京下町グルメ1回目

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。