ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約5万アカウントが感染 Avastが『Minecraft』のスキン型マルウェアについて警告

約5万アカウントが感染 Avastが『Minecraft』のスキン型マルウェアについて警告

セキュリティベンダーのAvastは、『Minecraft』のアカウントを標的としたマルウェアに関するセキュリティアラートを発表しました。同社によると、過去30日で約5万アカウントが感染しているのとこと。

マルウェアとなるPowerShellスクリプトは、PNGファイル形式で作成された『Minecraft』の“スキン”を配布媒体に利用。感染すると、ハードディスクの再フォーマットやバックアップデータ、システムプログラムの削除といった被害をもたらします。

感染したユーザーは、受信トレイで下記のような異常なメッセージを受け取る場合も。

“You Are Nailed, Buy A New Computer This Is A Piece Of Sh*t”
“You have maxed your internet usage for a lifetime”
“Your a** got glued”

このほか、単純なtourstart.exeループによって引き起こされるシステムパフォーマンスの問題、ディスクのフォーマットに関するエラーメッセージなどが表示される場合もあるのとこと。

同社はマルウェアが含まれるスキンの例を公開。これらスキンをダウンロードした場合は、セキュリティソフトによるスキャンを実行することを勧めています。マルウェアは公式のMinecraftドメインでホストされているため、スキャン実行時の警告がユーザーにより誤認知と誤認される可能性があるとしています。

同社は既に『Minecraft』の開発会社であるMojangに本件を報告し、Mojangはこの脆弱性の修正に取り組んでいるとのこと。

Minecraft players exposed to malicious code in modified “skins” | Avast(英語、原文)
https://blog.avast.com/minecraft-players-exposed-to-malicious-code-in-modified-skins

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。