ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」

一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」

「折りたたみ家具」と聞いてどんなものを想像しますか?

椅子、テーブル、ベッド、傘……
と、思いつくのはこんな感じでしょうか。

アムステルダム在住のRobert van Embricqsさんは、特殊に加工した一枚の板から組み立てるイスやテーブルなどをつくっている家具デザイナー。省スペースであることはもちろんのこと、飛び抜けたデザイン性でファンを魅了しています。

そして、こんなものまで作っていました。

1・2・3 で
アートな「ランプシェード」に
大変身

一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」

一見するとただの板が、あっという間に木材が絶妙に折り重なった芸術的なランプシェードに。

これはRobertさんが手がける「RISING LIGHT FIXTURE」。木材が放射線状に複雑に折り重なる様子はなんとも繊細で、圧倒的な存在感です。Robertさんいわく、骨の構造や、植物の生命と動きからインスピレーションを受けたのだそう。一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」

近づいて見ると、こんな感じ。
木材一つひとつに、接続パーツを取り付けていて、簡単に組み立てられるよう計算し尽くされています。

テーブルやイスはもちろん、こんなランプシェードがリビングにあれば、一気にアート空間になりそうですよね。どことなく「日本的な美しさ」が感じられて、和室にも映えそうです。

インテリアの本質

一枚板の大変身!計算し尽くされた「ランプシェード」

「折りたためること」や「フラットパックであること」は、現代社会でせせこましく生活していると、たいへんありがたい。
でも生活の利便性という側面だけでなく、心が踊ったり、あえて人に自慢したくなデザインであることのほうが、本来のインテリアには重要な要素だったりするのかもしれませんね。Licensed material used with permission by Robert van Embricqs, Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

DIYで組み立てる「クラゲランプ」で、部屋を「深海」に大変身。
ボタンでパチパチ留めるだけ。100以上の表情を見せるランプシェード
部屋のアクセントになる「バスケットボール型ランプ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。