体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション、初登場からわずか2週間でNo.1に! ヒットチャートに変化

サカナクション、初登場からわずか2週間でNo.1に! ヒットチャートに変化
J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールスデータをもとにポイントを計算。今、東京で最もヒットしている曲や、リリース前の未来のヒット曲、全100曲をカウントダウン! 4月15日(日)のオンエアで発表されたトップ10をご紹介します。

 
■4月15日付チャート

1位:サカナクション『陽炎 -movie version-』
2位:Austin Mahone『So Good』
3位:Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble『This Is Me』
4位:あいみょん『満月の夜なら』
5位:Tom Misch『It Runs Through Me (feat. De La Soul) 』
6位:BTS(防弾少年団)『Don’t Leave Me』
7位:水曜日のカンパネラ『見ざる聞かざる言わざる』
8位:David Guetta & Sia『Flames』
9位:竹原ピストル『オーバー・ザ・オーバー』
10位:Meghan Trainor『No Excuses』

■アルバム、初週28万枚を売り上げたアーティストも!

1位:サカナクション『陽炎 -movie version-』は、前回初登場4位から、僅か2週間でナンバーワンに輝きました。J-WAVEでのオンエアポイントに加えて、サカナクション初のベストアルバム『魚図鑑』のアルバムセールスポイントを稼ぎました。2015年10月11日付チャートの『新宝島』以来、通算8曲目のナンバーワン。6月から全国ツアー「SAKANAQUARIUM2018」が始まりますので、こちらも要チェック。

2位:Austin Mahone『So Good』は、先週3位から順位を上げてTOP目前! 先日、来日した際にクリスがインタビューをしました。その模様は、次週4月22日(日)にお届けしますので、お楽しみに。

3位:Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble『This Is Me』は、引き続きサントラのセールスは好調なものの、順位を落として通算6度目のナンバー1ならず。車に乗ったSelena Gomezが、水の入ったボトルをマイク代わりにしてこの曲を歌う姿を、Instagramのストーリーにアップして話題になりました。同曲を歌うKeala Settleが、自身のInstagramにその動画をアップしています。

Keala Settleさん(@kealasettle)がシェアした投稿 – 2018年 4月月3日午後2時22分PDT

4位:あいみょん『満月の夜なら』は、オンエアポイントを稼いで、前回の16位から12ポイントアップ。あいみょんは、毎年ゴールデンウィークに六本木ヒルズアリーナで開催される、「J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S」に出演します。今年は5月5日(土)・6日(日)の2日間にわたって開催。あいみょんは初日に出演します。

5位:Tom Misch『It Runs Through Me (feat. De La Soul) 』は、オンエアポイントを稼いで、前回の28位からTOP5入り。Tom Mischは、ジャズやファンク、ヒップホップを取り入れた独自の音楽スタイルで、地元イギリスを中心に人気を伸ばしてきています。まだ22歳で、16歳の頃から「SoundCloud(音声ファイル共有サービス)」で自作の曲を発表してきました。「ジャズは好きだけど、『ジャズはこうあるべきだ』と人に説教するようなスノッブ(snob/気取り屋)な人間になりたくない。ヒップホップも好きだけど、最近のヒップホップはビート中心で中身がない。特定のライフスタイルを賞賛していて、面白くない」と語っています。今年の夏は、サマーソニックに出演します。

6位:『Don’t Leave Me』を歌うBTS(防弾少年団)は、韓国の男性7人組ヒップホップグループです。日本オリジナルアルバム『FACE YOURSELF』の初週売上げは、28万枚を超えるセールスを記録しました。さらに、日本向けにリリースされた日本オリジナルアルバムにも関わらず、最新の全米アルバムチャートにも43位に登場!

7位:水曜日のカンパネラ『見ざる聞かざる言わざる』は、先週の5位から2ポイントダウン。新EP『ガラパゴス』のジャケットが発表され、ピンクのカラーケースの中央に、コムアイが写ったプリクラが貼られています。理由は、ガラパゴス諸島で動植物が独自に進化したのと同様、プリクラも日本独自に進化したから。ちなみにサイズは、初代のサイズを再現しています。

8位:David Guetta & Sia『Flames』は、前回の10位から上がってきました。この曲は、Siaが曲を書き、それをGuettaに送って仕上げたそう。もとはピアノの弾き語りでシンプルに歌っていた曲を、Guettaが売れ線にアレンジしました。Guettaによると、次々にヒットを生み出す理由のひとつは「フランス人だから」。子どもの頃は歌詞の意味がわからなくても、英語の歌を聴いていたので、今でも「歌詞がなくても感情を伝えられるかどうか」を基準にしていると話します。

9位:竹原ピストル『オーバー・ザ・オーバー』は、リリースされたばかりのニューアルバム『GOOD LUCK TRACK』のセールスポイントを稼いで、このポジションに初登場。昨年は、『第68回紅白歌合戦』に初出場し、役者としても日本アカデミー賞で優秀助演男優賞に輝き、歌に芝居に大活躍でした。6月からはニューアルバムを引っさげて、全国弾き語りツアーが始まります。ツアーファイナルの12月22日(火)には日本武道館公演を控えています。もともと、フォークデュオ「野狐禅」(やこぜん)として活躍していましたが、2009年に解散。その後、ひとり旅をして、年間250〜300本のライブを行っていたそうです。

10位:Meghan Trainor『No Excuses』は、オンエアが落ち着いて先週の2位から急降下。昨年は俳優・Daryl Sabaraと婚約し、ラブラブモード全開のMeghan。昨年7月に付き合って1年の記念日を迎え、Instagramには彼との思い出のシーンを編集したビデオを投稿しています。

「最愛の人と丸1年間過ごせて、私は世界一ラッキーな女の子よ。Daryl、この一年間、私を毎日愛し、私が美しくて特別だと感じさせてくれてありがとう。そして、私をよりよいシンガーソングライターにしてくれてありがとう。心から愛しているわ!」とのメッセージが添えられていました。

Meghan Trainorさん(@meghan_trainor)がシェアした投稿 – 2017年 7月月2日午前12時58分PDT

結婚式の日取りはまだ決まっていませんが「ゆっくり計画を立てたいし、しばらくフィアンセ同士でいることを楽しみたいわ!」と語っています。

次週4月22日(日)はスペシャルウィーク! 『SAISON CARD TOKIO HOT 100』では、『春の逆電祭り!』と題し、電話があれば誰でも参加できる逆電バスターが、いつもの倍の4回開催。ゲストは、きゃりーぱみゅぱみゅとAustin Mahoneです。どうぞ、お楽しみに!

1位:サカナクション『陽炎 -movie version-』

期間限定盤図鑑.jpg

2位:Austin Mahone『So Good』

So Goodjacket.jpg

3位:Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble『This Is Me』

TGS_Cover_Oct19_FINAL.jpg

4位:あいみょん『満月の夜なら』

満月の夜ならジャケット_s.jpg

5位:Tom Misch『It Runs Through Me (feat. De La Soul) 』

TM MEDIUM RES credit Charlie Cummings.jpg

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。