体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは

1時間目「情報編集力で思考する」 藤原和博

藤原:

今日もちょっと前半は僕が君たちの脳をかきほぐすというか、前に言ったように情報処理力で、パターン認識脳だといいアイデアが出てこないので、これを情報編集力側に持っていきます。

 

“ジグソーパズル型学力からレゴ型学力へ”という言い方もするんだけど、この情報編集力側に頭を持っていくと、すごく頭が柔らかくなって、いろんな企画が出やすい、そして企画が通りやすくなる。

 

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは

 

その練習をしてもらいたい。葬式の話から練習しましょうか。

 

葬式には多分、学生服を着ていったり、喪服に近いもの、黒に近いものを着させられたと思うんだよね、小さい頃。

 

大人もみんな喪服を着ていたと思います。

 

“喪服は黒”というのが常識なんだけど、なんでなのか。

 

喪服はなんで黒いのか?

もし、たとえば小学校3年生ぐらいの子が、君たちに問いかけてきたら、なんと答えるか。

 

そこで答えられないとかっこ悪いじゃん?

じゃあなんで喪服は黒いのか、ブレストしてみましょう。

 

【ブレスト後】

 

藤原:

喪服のルーツを考えてもらいたいと思います。

 

実は、日本の喪服というのは明治に入るまでは黒じゃなかった。

 

白だったの。

 

君たちも潜在的に知っていると思う。

 

時代劇で見る切腹のシーンで、黒いのを着ている人いないでしょ。

 

みんな白だよね、喪服も含めて正装は白だったんですね。

 

ところが諸外国から来る、たとえば大使や国王の代理だったり、ヨーロッパとかアメリカではどうかな?みんな燕尾服みたいなのを着て来るでしょ?

 

それを見た明治の元勲たちがヤバいぜ!となった。

 

国際的には黒が礼儀らしい。

 

当時の日本は、イギリス、フランス、ドイツから、法律から憲法から軍の制度から交通、警察の制度なんかに至るまで全部輸入してきた、そういう時代です。

 

だから、とにかく黒じゃないとヤバいらしいとなって上層部から変わっていったんです。

 

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは

 

ところが日本の民衆は偉くて、そんな動じなかった。

 

だから白もまだ全然残っていた。

 

それがガラッと変わっていくのは昭和です。

 

昭和は戦争の歴史でした。

 

戦争も末期になると、毎日毎日お葬式じゃないですか。

 

その頃、自分で喪服を持っている人はなかなかいなかったから、レンタルするわけです。

 

レンタルで黒い喪服と白い喪服、両方とも貸してたんだけど、結果的に毎日お葬式に出るような状況になると、どっちが汚れないかってことを民衆が選んで、自然に黒になっていった。

 

そんな大したことない理由で、そのようなことが起こっているわけです。

 

ところがその前の歴史を調べると黒が流行っていた時期があって、平安時代に貴族がこのフォーマットを決めるんだけど、最初に決められた喪服の色は白だった。

 

1300年ぐらいの時を経て白が途中で黒になって、江戸期までに白に戻り、それが明治期を経て、昭和平成で黒くなっている。

 

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは

 

白から黒、黒から白。

 

今、たまたま黒になってるだけってこと。

 

だからこれが50年後も黒が常識かどうかっていうのはまったく分からないですよ。

 

意外と常識とか前例っていう風に僕らが捉えているもので、無条件に反応するような感じで着たりとか買ったりしている物って、割と疑わしいってことです。

 

というわけで、処理力から編集力に頭を切り替えるときに最も大事なことが二つあって、一つは遊び心。

 

どちらかというともう一つの、複眼思考が大事です。

 

“一つの物事を片方からだけから見ない”右だけでなく左、上からだけでなく下から、前からだけでなく後ろから見るとどうか。

 

常識や前例を上手に疑うと、前回から言っているクレジット、信用力がアップしますので、これから信用力を上げたいのであれば、ただ単に常識、前例を信じないで一旦疑ってみる。

 

自分の頭で考えることが大事です。

 

情報編集力(複眼思考)で自分プレゼンを考える

藤原:

最初なんですが、4つの方法で自分のプレゼンをしてもらいたいんです。 1.キャッチフレーズ(つかみ)型

2.+(プラス)モードの

3.-(マイナス)モードの

4.Q&A型

初対面の人に会ったとき、ふっと何を言うか。

 

ということでキャッチフレーズ、つかみ型の自分プレゼンですね、まずはこれをやってみてほしいんです。

 

【藤原和博×西野亮廣の未来講座④】情報編集力で思考するとは

 

できたら相手にちょっと笑ってもらえるような、そういうつかみが取れるといい。

 

相手が分かっていることをそっと言うと笑っちゃうとか。

 

ということは、プレゼンは頭を常識モードから切り替えて、情報編集力側に切り替えて、自分のキャラを編集する必要があります。

 

ところが日本のビジネスパーソンは、プレゼン、プレゼンと言っているけど、全然プレゼンになってないものがいっぱいあります。

 

それは何かというと、“エクスプラネーション”といって自分の頭にあること、たとえばAとかBがあるとする。

 

Aということを“解説”する。

 

自分の頭の中にあることを、もう必死になって解説する。

 

プレゼンと言ったら相手の頭の中が大切。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。